映画化作品|コミカライズ化作品

第22回日本ホラー小説大賞

角川ホラー文庫

ぼぎわんが、来る

映画化決定! 全選考委員が絶賛した第22回日本ホラー小説大賞受賞作!

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041064290
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

映画化作品|コミカライズ化作品

第22回日本ホラー小説大賞

角川ホラー文庫

ぼぎわんが、来る

映画化決定! 全選考委員が絶賛した第22回日本ホラー小説大賞受賞作!

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041064290

映画化決定! 全選考委員が絶賛した第22回日本ホラー小説大賞受賞作!

中島哲也監督による映画化決定! 空前絶後のノンストップ・ホラー、待望の文庫化!
映画タイトル:「来る」 公開:2018年12月 配給:東宝 
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。
それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の怪我を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。
その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、今は亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか?
愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。
真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか……。

“あれ”からは決して逃れられない――。綾辻行人・貴志祐介・宮部みゆきら絶賛の第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作!

登場人物紹介

おすすめコメント

文句なしに面白いホラーエンタテイメントである。
――綾辻行人氏

大当たりだった。選考しながら早く先を読みたくてならない作品は稀有。
――貴志祐介氏

恐怖を現在進行形で味わうことができます。迷わず大賞に推しました。
――宮部みゆき氏

メディアミックス情報

NEWS

中島哲也監督による映画化決定!

映画「来る」2018年12月7日(金)公開! 出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡

プロモーションムービー

「ぼぎわんが、来る」PV解禁!

「ぼぎわんが、来る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幼い頃に触れた怪異「ぼぎわん」。とっさの祖父の行動で難を逃れたが、約20年後に再び怪異が迫る。民俗学や呪いに加え、昔からの夫婦の確執等を取入れ引き込まれる。子供が産まれてからの夫婦の確執、特に言葉の応 幼い頃に触れた怪異「ぼぎわん」。とっさの祖父の行動で難を逃れたが、約20年後に再び怪異が迫る。民俗学や呪いに加え、昔からの夫婦の確執等を取入れ引き込まれる。子供が産まれてからの夫婦の確執、特に言葉の応酬はかなりの鬱展開だった。小説だけに極端に表現したのだと思う。また、余りに人を殺させ過ぎと感じた。最終的な対決の場面でも、早くそれを使えば良いのではと思ったりする。私が実話怪談モノが好きなので、好みのギャップだろう。ホラーエンタメかつこれが第一作ということを鑑みれば、労作と思う。荒削りではあるが読ませる作品。 …続きを読む
    yoshida
    2018年08月04日
    292人がナイス!しています
  • 澤村伊智さん初読み。タイトルが気になりつつホラーなので敬遠していたが、中島哲也監督で映画化と聞いて手に取る…いかにもありそうな民俗学的な話と現代の育児事情を絡めて描かれるストーリーが巧妙で、章によって 澤村伊智さん初読み。タイトルが気になりつつホラーなので敬遠していたが、中島哲也監督で映画化と聞いて手に取る…いかにもありそうな民俗学的な話と現代の育児事情を絡めて描かれるストーリーが巧妙で、章によって視点が変わることで深みを増しているのも上手い。「イクメン」ブームに痛烈な風刺を投げ、夫婦関係をも考えさせられた。怖さはカレーで言えば中辛程度に感じたが、それでも第1~2章はゾッとさせられたし、第3章の霊媒師vs化け物の壮絶な戦いはアニメを観るようで楽しめた。こりゃ、比嘉姉妹が活躍するらしい次作も読まなくては♫ …続きを読む
    しんたろー
    2018年03月24日
    268人がナイス!しています
  • ホラーを回避していた頃の自分が懐かしい。来年公開の映画版のキャストも併記。新婚の秀樹(妻夫木聡)と香奈(黒木華)を襲う怪異。オカルトライターの野崎(岡田准一)の紹介で、霊能者姉妹の真琴(小松菜奈)と琴 ホラーを回避していた頃の自分が懐かしい。来年公開の映画版のキャストも併記。新婚の秀樹(妻夫木聡)と香奈(黒木華)を襲う怪異。オカルトライターの野崎(岡田准一)の紹介で、霊能者姉妹の真琴(小松菜奈)と琴子(松たか子)の力を借りる。3部構成で語り手が替わり、同じ人のことでも視点で印象が異なる。人はいかに善人を装って生きているものなのか。結局のところ、化け物を呼ぶのはどす黒い感情。心が健康であれば、入り込まれる隙も溝もない。こりゃ堂々のイヤミス。最後の寝言は可愛くないぞ。怯えつつ、きっと映画も観に行ってしまう。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2018年06月04日
    164人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

澤村 伊智(さわむら いち)

1979年大阪府生まれ。東京都在住。
幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂の作品を敬愛する。2015年『ぼぎわんが、来る』(受賞時のタイトルは『ぼぎわん』)で第22回日本ホラー小説大賞<大賞>を受賞。巧妙な語り口と物語構成によって、全選考委員から高い評価を獲得した。
新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている。

この著者の商品

最近チェックした商品