予言の島

予言の島

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041113127
label

予言の島

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041113127

初読はミステリ、二度目はホラー。この島の謎に、あなたもきっと囚われる。

瀬戸内海の霧久井島は、かつて一世を風靡した霊能者・宇津木幽子が最後の予言を残した場所。
二十年後《霊魂六つが冥府へ堕つる》という――。

天宮淳は、幼馴染たちと興味本位で島を訪れるが、旅館は「ヒキタの怨霊が下りてくる」という意味不明な理由でキャンセルされていた。
そして翌朝、滞在客の一人が遺体で見つかる。しかしこれは、悲劇の序章に過ぎなかった……。

すべての謎が解けた時、あなたは必ず絶叫する。
再読率100%の傑作ホラーミステリ!


装画/緒賀岳志
瀬戸内海の霧久井島は、かつて一世を風靡した霊能者・宇津木幽子が最後の予言を残した場所。
二十年後《霊魂六つが冥府へ堕つる》という――。

天宮淳は、幼馴染たちと興味本位で島を訪れるが、旅館は「ヒキタの怨霊が下りてくる」という意味不明な理由でキャンセルされていた。
そして翌朝、滞在客の一人が遺体で見つかる。しかしこれは、悲劇の序章に過ぎなかった……。

すべての謎が解けた時、あなたは必ず絶叫する。
再読率100%の傑作ホラーミステリ!


装画/緒賀岳志

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章 警告
第二章 禁忌
第三章 惨劇
第四章 怨霊
第五章 呪縛
エピローグ
解説 霊能者の娘に生まれて

カドブン記事一覧

【2023年06月28日】最恐の怪談小説アンソロジー『七人怪談』参加作家のおすすめ作品7選!


「予言の島」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 瀬戸内海に浮かぶ老人ばかりが住まう“霧久島”その地を訪れた霊納者、宇津木幽子が残した予言。それは20年後にこの島で6人の人間が死ぬ、というものだった…。そして現在、とある事情により、霧久島に集まってきた人達 瀬戸内海に浮かぶ老人ばかりが住まう“霧久島”その地を訪れた霊納者、宇津木幽子が残した予言。それは20年後にこの島で6人の人間が死ぬ、というものだった…。そして現在、とある事情により、霧久島に集まってきた人達。予言通りに人が死んでいってしまうのか?!この島に隠された真実とは?!著者の作品は初読だが面白かった。帯に書いてある通り、一度目はミステリ、そして全ての真実を知った二度目はホラー、更には三度目に読んじゃうと思わず笑っちゃうかも?そのクオリティの高さと衝撃の結末にまさに絶叫の一冊だ😱 …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年09月11日
    243人がナイス!しています
  • ★★★★★★★★☆☆孤島を舞台にした澤村伊智の長編。20年前に霊能者の宇津木幽子が生前最後に予言を残した霧久井島。6人が死ぬと予言されたその日に、淳らは興味本位で島を訪れるが…。予備知識なしで読み進めたが「初読は ★★★★★★★★☆☆孤島を舞台にした澤村伊智の長編。20年前に霊能者の宇津木幽子が生前最後に予言を残した霧久井島。6人が死ぬと予言されたその日に、淳らは興味本位で島を訪れるが…。予備知識なしで読み進めたが「初読はミステリ、二度目はホラー」という惹句は言い得て妙だ。〝二度読み必至〟ということである程度予感はあったけど、あの一行で疑問符が頭の中を渦巻く感覚は何物にも代えがたい。ちなみに著者を女性だと思い込んでいた私は、解説にあった澤村伊智〝くん〟の一行で壮大な性別誤認トリックに引っ掛かった感覚も味わいました。 …続きを読む
    イアン
    2021年09月01日
    226人がナイス!しています
  • (※真相に触れますので、未読の方は🆖️⚠️)単行本の刊行時期が今村昌弘さんの『魔眼の匣の殺人』と近かったこともあり、比較されることも多かったこの作品…なるほど、“予言”の内容こそ似てはいますが、作品の“重心”が (※真相に触れますので、未読の方は🆖️⚠️)単行本の刊行時期が今村昌弘さんの『魔眼の匣の殺人』と近かったこともあり、比較されることも多かったこの作品…なるほど、“予言”の内容こそ似てはいますが、作品の“重心”が置かれているポイントが全く異なるので、『魔眼~』とはまた違った面白さがあって良いですね!ただ、最大の“仕掛け”に関しては、地の文を淳の主観であるように見せかけてはいるもののそうではないよね?と思っていましたので、やっぱりもう1人いたか~と思わずニヤリ!確かにこれは“ホラー”ですね(笑) …続きを読む
    麦ちゃんの下僕
    2022年08月06日
    192人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品