試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085431

ししりばの家

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085431

ようこそ、砂の散る奇妙な家へ――。エンタメ界の鬼才が放つミステリホラー

夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ししりばの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昔の級友から家に招かれるのは気が重い。優しかったおばあさんは寝たきりになり、床には砂が積もっている。微かな違和感…は、訪問を重ねるにつれ真っ黒な裂け目を見るような恐れと嫌悪に変わる。でも断れない。この 昔の級友から家に招かれるのは気が重い。優しかったおばあさんは寝たきりになり、床には砂が積もっている。微かな違和感…は、訪問を重ねるにつれ真っ黒な裂け目を見るような恐れと嫌悪に変わる。でも断れない。この辺り、人を断ち切れない心理は自分にも覚えがあるだけに気持悪かった。その生ぬるさのせいで、おぞましいものの全体像が現れるまでのっそりと肌を撫でるような時間が流れていく。このじれったさが何ともいえず怖い。家の中は外と違う時間が流れており、それが人間関係を歪める。魔物は家という空間および時間に住むのだろう。2017 …続きを読む
    夜間飛行
    2020年06月21日
    170人がナイス!しています
  • 澤村さんには本当に驚かされる…毎回新鮮な比嘉姉妹シリーズ、今回のキーワードは「家」と「砂」。中盤ではたと気付いたこと、解説にもあったけど安部公房の『砂の女』を思い起こさせるような煙たさ。その中に、得体 澤村さんには本当に驚かされる…毎回新鮮な比嘉姉妹シリーズ、今回のキーワードは「家」と「砂」。中盤ではたと気付いたこと、解説にもあったけど安部公房の『砂の女』を思い起こさせるような煙たさ。その中に、得体の知れない何かの存在と、壊された人間と壊れている人間の模様。よくある霊とのバトルは大概俺強だが、比嘉姉妹は必ずしも最強ではない…不安も弱さも抱えて立ち向かい進む。霊がなくとも家や家庭、人間の歪みや綻びを絡ませているのが凄い澤村さん。「暴走する霊的ホームセキュリティ」の響きには悪いけど笑ってしまった。 …続きを読む
    つばめ
    2020年07月14日
    78人がナイス!しています
  • これを買ったら読まずにはいられなくて、読みかけだったほかの本をほっぽらかしてしまった。その時点でもう取り憑かれている(笑)。小学生の頃に誰かから「西洋の幽霊は建物に憑くけれど、日本の幽霊は人に憑く」と これを買ったら読まずにはいられなくて、読みかけだったほかの本をほっぽらかしてしまった。その時点でもう取り憑かれている(笑)。小学生の頃に誰かから「西洋の幽霊は建物に憑くけれど、日本の幽霊は人に憑く」と聞いたから、恨まれるようなことさえしなければ怖い目には遭わないのだと自分に思い込ませてきました。だから、建物に憑く話ってめっさ怖いんです。その家に住んだが最後、脳内を侵食される。異常であることを異常であると思えない様子にゾゾーッ。そう思いつつもたいしてビビらず読めたけど、今晩はたぶん怖い夢を見るにちがいない。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2020年02月02日
    77人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品