試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085431

ししりばの家

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085431

ようこそ、砂の散る奇妙な家へ――。エンタメ界の鬼才が放つミステリホラー

夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ししりばの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幸福な一家が住む家。そこには砂が深々と降り積り…。家を舞台にした怪異だが大概の幽霊屋敷をテーマにしたものは幽霊屋敷内部からの視点から怪異を描くのに対して、本書ではあくまで外部からの視点に終始している。 幸福な一家が住む家。そこには砂が深々と降り積り…。家を舞台にした怪異だが大概の幽霊屋敷をテーマにしたものは幽霊屋敷内部からの視点から怪異を描くのに対して、本書ではあくまで外部からの視点に終始している。そのため直接的な描写はあまり無いものの、ボタンがずれた様などこか居心地の悪さが読んでいる間付きまとう。あと怪異も「ぼぎわん」や「ずうのめ」みたいに直接的な物じゃないけど、何が起こっているかわからない怖さみたいなものはこちらの方が上かな。しかしぼぎわんもそうだが、この著者家族間の嫌なすれ違い書くの上手いなあ。 …続きを読む
    HANA
    2020年02月01日
    75人がナイス!しています
  • ある「幽霊屋敷」にまつわる怪異譚と比嘉琴子のはじまりの物語。琴子の特殊な能力を開花させるきっかけとなった幽霊屋敷での幼少期の出来事と、その後の壮絶な戦い。もう一人の主人公である琴子の幼馴染み「五十嵐君 ある「幽霊屋敷」にまつわる怪異譚と比嘉琴子のはじまりの物語。琴子の特殊な能力を開花させるきっかけとなった幽霊屋敷での幼少期の出来事と、その後の壮絶な戦い。もう一人の主人公である琴子の幼馴染み「五十嵐君」の再生物語にも仕上がっています。「銀」の大活躍は息が詰まる展開の中で、唯一ホッとするところでした。とにかく、先が見えない展開に一気に読み終わりました。実は、序章に「ししりばの家」の重要なポイントがちりばめられているのですが、読了して初めて分かる構成の妙。とにかく、澤村先生の作品には本当に外れなしです。 …続きを読む
    キック
    2020年02月09日
    68人がナイス!しています
  • これを買ったら読まずにはいられなくて、読みかけだったほかの本をほっぽらかしてしまった。その時点でもう取り憑かれている(笑)。小学生の頃に誰かから「西洋の幽霊は建物に憑くけれど、日本の幽霊は人に憑く」と これを買ったら読まずにはいられなくて、読みかけだったほかの本をほっぽらかしてしまった。その時点でもう取り憑かれている(笑)。小学生の頃に誰かから「西洋の幽霊は建物に憑くけれど、日本の幽霊は人に憑く」と聞いたから、恨まれるようなことさえしなければ怖い目には遭わないのだと自分に思い込ませてきました。だから、建物に憑く話ってめっさ怖いんです。その家に住んだが最後、脳内を侵食される。異常であることを異常であると思えない様子にゾゾーッ。そう思いつつもたいしてビビらず読めたけど、今晩はたぶん怖い夢を見るにちがいない。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2020年02月02日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品