ししりばの家 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年01月23日
商品形態:
電子書籍

ししりばの家

  • 著者 澤村伊智
発売日:
2020年01月23日
商品形態:
電子書籍

エンタメ・ホラー界の鬼才が放つ、比嘉姉妹シリーズ長編、最新作!

夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ししりばの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 期待を裏切らぬ面白さ。付いてくる攻めてくる追いかけてくるという恐怖からは真逆の〝守り〟の怪異は斬新だ。前作までのスケール感には及ばないが、がっちり堅固に護ってくる怪異は意外と聞いたことがないかも。戦争 期待を裏切らぬ面白さ。付いてくる攻めてくる追いかけてくるという恐怖からは真逆の〝守り〟の怪異は斬新だ。前作までのスケール感には及ばないが、がっちり堅固に護ってくる怪異は意外と聞いたことがないかも。戦争によってシステムが狂ったのかもしれない、そんな怪異の描かれ方も面白い。取り込まれ方や時系列も巧みに描かれていたが、何より琴子の生い立ち、そして五十嵐くんの再生が読んでいて心に響いた。暖かくて良いお母さんと息子じゃないか。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2020年01月25日
    28人がナイス!しています
  • 三津田さんの解説が読みたく、発売を楽しみにしていた本作。もちろん解説にも大満足だが、シリーズ長編で最も好みの作品だった。不気味な家、読んでいても頭の中がざりざりじゃりじゃりとしてくる不快感、狂っている 三津田さんの解説が読みたく、発売を楽しみにしていた本作。もちろん解説にも大満足だが、シリーズ長編で最も好みの作品だった。不気味な家、読んでいても頭の中がざりざりじゃりじゃりとしてくる不快感、狂っているとしか思えない夫婦、もう最高。更にタイポグラフィクション(と言うらしい)と視点転換の繋ぎなど目で文字を追っていて面白い仕掛けが憎く、ラストの諸々の後味の悪さもいい。しかし何故か、自分が当たり前と思っていることは本当に当たり前なのだろうかと考え始めるとざざざざ頭の中にざざざざあああああ砂がざざざああああああああ …続きを読む
    nil
    2020年01月24日
    9人がナイス!しています
  • 琴子の過去ストーリーで面白かったですが、真琴不在が寂しかったです。 琴子の過去ストーリーで面白かったですが、真琴不在が寂しかったです。
    ドットジェピー
    2020年01月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品