ずうのめ人形

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041067680

ずうのめ人形

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041067680

その物語は、人を殺す――。『ぼぎわん』に続く、比嘉姉妹シリーズ第2弾!

オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!

人物相関図


おすすめコメント

リーダビリティが凄い。ホラーの皮をかぶった正統派エンタメ。他のジャンルも読んでみたい。
――有川浩氏

祖父は『青蛙堂鬼談』、父は『リング』―
最強ホラーのDNAは、澤村伊智が受け継いだ!
――東雅夫氏(幻想文学評論家)

ホラーであると同時にミステリとしても非凡な出来栄え。
どうすれば逃れられるのか、読者も考えながら読んでほしい。
――千街晶之(ミステリ評論家)「本の旅人」8月号より

怖い話は苦手なんです。ですが読んでいくうちに絵のイメージが完成されていくのは、自分の感情と話が共鳴出来たから。
描きたいと思え、自分にしか描けないような気持ちになる程、話に引き込まれました。私の描いた絵が本の内容と違うと感じる方もいるでしょう。
何者なのかは、その人が想像するもの。朱に染まっていく怖さを知った者が描いたもの……。
――山科理絵氏(絵師)

メディアミックス情報

NEWS

「ずうのめ人形」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作者の2作目です。前作でのかなり最近のホラーあるいはミステリーの中では高いレベルにあるのではないかと思いましたが、この本を読んでさらにその感を強くしました。「リング」(私はかなり虜になった本で映画 この作者の2作目です。前作でのかなり最近のホラーあるいはミステリーの中では高いレベルにあるのではないかと思いましたが、この本を読んでさらにその感を強くしました。「リング」(私はかなり虜になった本で映画もみました)という作品をうまく使ってしかも人物がどのような感じになっているのかがかなり込み入った書き方で私には楽しめました。前作と同じ人物が出てきます。次の「ししりばの家」も楽しめそうです。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年10月31日
    166人がナイス!しています
  • 「ぼぎわんが、来る」の真琴と野崎が活躍する次作。ぼぎわんより面白い!怪異の成り立ちは「リング」を意識しているが、呪いの発動と共に\人形\が見え、しかも徐々に近づいてくるというのは怖い。4日というタイム 「ぼぎわんが、来る」の真琴と野崎が活躍する次作。ぼぎわんより面白い!怪異の成り立ちは「リング」を意識しているが、呪いの発動と共に\人形\が見え、しかも徐々に近づいてくるというのは怖い。4日というタイムリミットの間に呪いを解く方法を模索するも、真実が見えてくるほどに増す絶望感がまた上手い。終盤の展開もミステリー的なカタルシスとB級感も漂う派手さが両立していて読む手が止まらない。前作から自ら進んで巻き込まれて危険な目に遭う真琴と野崎がお人好しすぎるとは思うが、今作未出の琴子と併せてシリーズ展開か。良き🎵 …続きを読む
    ジンベエ親分@flying-frog改め
    2018年08月13日
    158人がナイス!しています
  • 「ぼぎわん」とか「ずうのめ」とか、よくもこんなに「なんかゾワゾワする」言葉を思いつくものだなぁ。ぼぎわんも面白かったけれど、終盤のバトルが暴走した感がありました。それに比べてずうのめはひそやかに熱い。 「ぼぎわん」とか「ずうのめ」とか、よくもこんなに「なんかゾワゾワする」言葉を思いつくものだなぁ。ぼぎわんも面白かったけれど、終盤のバトルが暴走した感がありました。それに比べてずうのめはひそやかに熱い。呪われた青年・藤間たちを描く本筋の話と、彼らが呪われるきっかけとなった原稿と、両方読めるから一粒で二度美味しい。人形がすぐそばまで近づいてきたとき、藤間の様子にふと思い出して笑ってしまったのが山崎まさよしの歌。いつでも捜してしまうのね。こんなとこにいるはずもないのに。いや、おるがな。怖いっちゅうねん。(^^; …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2018年09月21日
    146人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

澤村 伊智(さわむら いち)

1979年大阪府生まれ。東京都在住。
幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂の作品を敬愛する。2015年『ぼぎわんが、来る』(受賞時のタイトルは『ぼぎわん』)で第22回日本ホラー小説大賞<大賞>を受賞。巧妙な語り口と物語構成によって、全選考委員から高い評価を獲得した。
新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている。

この著者の商品

最近チェックした商品