角川ホラー文庫

ずうのめ人形

その物語は、人を殺す――。『ぼぎわん』に続く、比嘉姉妹シリーズ第2弾!

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041067680
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川ホラー文庫

ずうのめ人形

その物語は、人を殺す――。『ぼぎわん』に続く、比嘉姉妹シリーズ第2弾!

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041067680

その物語は、人を殺す――。『ぼぎわん』に続く、比嘉姉妹シリーズ第2弾!

オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!

人物相関図

おすすめコメント

リーダビリティが凄い。ホラーの皮をかぶった正統派エンタメ。他のジャンルも読んでみたい。
――有川浩氏

祖父は『青蛙堂鬼談』、父は『リング』―
最強ホラーのDNAは、澤村伊智が受け継いだ!
――東雅夫氏(幻想文学評論家)

ホラーであると同時にミステリとしても非凡な出来栄え。
どうすれば逃れられるのか、読者も考えながら読んでほしい。
――千街晶之(ミステリ評論家)「本の旅人」8月号より

怖い話は苦手なんです。ですが読んでいくうちに絵のイメージが完成されていくのは、自分の感情と話が共鳴出来たから。
描きたいと思え、自分にしか描けないような気持ちになる程、話に引き込まれました。私の描いた絵が本の内容と違うと感じる方もいるでしょう。
何者なのかは、その人が想像するもの。朱に染まっていく怖さを知った者が描いたもの……。
――山科理絵氏(絵師)

トピックス

著者紹介

澤村 伊智(さわむら いち)

1979年大阪府生まれ。東京都在住。
幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂の作品を敬愛する。2015年『ぼぎわんが、来る』(受賞時のタイトルは『ぼぎわん』)で第22回日本ホラー小説大賞<大賞>を受賞。巧妙な語り口と物語構成によって、全選考委員から高い評価を獲得した。
新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている。

この著者の商品

最近チェックした商品