日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし― 増補新装版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月27日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784044005382

日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし― 増補新装版

  • 文 白井 明大
  • 絵 有賀 一広
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月27日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784044005382

30万部超のベストセラーが、装い新たになりました!書き下ろし増補付。

旬の野菜や果物、魚、野鳥、草花、折々の風や雲の名前など、身も心も豊かにする七十二候の知恵と「ことば」――四季のうつろいに耳を澄ませ、旧暦とともに暮らしてみませんか? 絵と文と歌で愉しむ、暮らしの歳時記

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし― 増補新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今一度過去に立ち返って、自然の流れを感じてみたいと思ったことから購入した一冊。春分や秋分、夏至に冬至なんかは今でも私たちの生活に根強く残っているが、この本ではそれ以外の候についても丁寧に取り上げ、その 今一度過去に立ち返って、自然の流れを感じてみたいと思ったことから購入した一冊。春分や秋分、夏至に冬至なんかは今でも私たちの生活に根強く残っているが、この本ではそれ以外の候についても丁寧に取り上げ、その季節に感じられる情緒と一緒に紹介してくれている。著中見舞いや残暑見舞いの切れ目とはどんな風に決まっていたのかとか、土用の丑の日が年に四回設けられている理由だとか、なんとなくしか知らなかったことがはっきりと形になって、四季をより身近に感じられるようになった。心を豊かにしてくれる一冊だった。 …続きを読む
    読書備忘録
    2020年04月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品