鹿の王 3

鹿の王 3

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784046318350
label

鹿の王 3

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年05月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784046318350

さらわれたユナが出会ったのは――ホッサル!?

ユナを追うヴァンは、謎の女サエにであう。
彼女に導かれるようにたどり着いたのは、〈火馬の民〉の集落。
かれらは東乎瑠帝国に故郷をうばわれた苦しみから、
反乱を企てていた!

そのころ、さらわれたはずのユナは、
伝説の病「黒狼熱」の治療法を探す天才医術師ホッサルたちと出会っていて!? 

サエの任務、〈火馬の民〉の思わく、ミラルの発病――そんな中で、
ユナとヴァンは、無事に再会できるのか!?
ユナを追うヴァンは、謎の女サエにであう。
彼女に導かれるようにたどり着いたのは、〈火馬の民〉の集落。
かれらは東乎瑠帝国に故郷をうばわれた苦しみから、
反乱を企てていた!

そのころ、さらわれたはずのユナは、
伝説の病「黒狼熱」の治療法を探す天才医術師ホッサルたちと出会っていて!? 

サエの任務、〈火馬の民〉の思わく、ミラルの発病――そんな中で、
ユナとヴァンは、無事に再会できるのか!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「鹿の王 3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 物語が進んでいる。ヴァンの飛鹿との再開や、飛鹿の事を誇りをもって語るヴァンの生き生きした姿はいいな。愛着と誇りを感じる。火馬とともに生きるオーファンらも同じ物を感じる。それを互いに受け入れている。同等 物語が進んでいる。ヴァンの飛鹿との再開や、飛鹿の事を誇りをもって語るヴァンの生き生きした姿はいいな。愛着と誇りを感じる。火馬とともに生きるオーファンらも同じ物を感じる。それを互いに受け入れている。同等に敬意を示している姿。ユナをさらったものなのに。そんな彼らが語るキンマの犬への信仰は科学の発展のない世界らしい。希望に見えるのは間違いない。世界観の組み立てがうまいと生きてる世だってなる。そして、二人の主人公が交わると話は盛り上がってくる。今回はホッサル話がすくなった気がするけど、これから楽しみだ。 …続きを読む
    なつきネコ
    2024年01月28日
    36人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 初読。ユナを探すヴァンとサエは誇り高い騎馬民族と接触する。ホッサルとヴァンは違ったアプローチで、それぞれ黒狼熱と土地の生態系の謎に近いてきていた。  ファンタジーでありながら細菌とウイルス、抗生 ★★★☆☆ 初読。ユナを探すヴァンとサエは誇り高い騎馬民族と接触する。ホッサルとヴァンは違ったアプローチで、それぞれ黒狼熱と土地の生態系の謎に近いてきていた。  ファンタジーでありながら細菌とウイルス、抗生物質やワクチンの発見を間近にした世界を描いた独特な世界観。生物兵器が制御可能で、敵を駆逐する手段にできると考えた人たち…アンブレラ社を筆頭に、ついぞ成功したことないんですけどね。病原体の恐怖に耐える今、読むと感じるところが多そうです。犬の王は出てきたが、鹿の王が何かまだ分からない…。もう3巻なのに…。 …続きを読む
    bookkeeper
    2021年05月21日
    36人がナイス!しています
  • 起承転結の「転」。もう何処と何処が対立していて、どんな策略が張り巡らされていて、誰と誰が敵で黒幕なのか複雑すぎて頭ついていけてないけど、ヴァン、ユナちゃ、サエ、ホッサル、ミラルだけ分かれば良いと開き直 起承転結の「転」。もう何処と何処が対立していて、どんな策略が張り巡らされていて、誰と誰が敵で黒幕なのか複雑すぎて頭ついていけてないけど、ヴァン、ユナちゃ、サエ、ホッサル、ミラルだけ分かれば良いと開き直って読んでます。ヴァンが飛鹿(ピュイカ)に乗り木立や薮の間を駆け抜けるシーンの躍動感が素晴らしい。黒狼熱の病素とその治療薬となるものが仄かに解明されつつあるのか…最終巻へ進みます。 …続きを読む
    kayo
    2021年08月08日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品