鹿の王 水底の橋

2015年本屋大賞受賞作『鹿の王』の、その先を描いた命の物語。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041071182
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

鹿の王 水底の橋

2015年本屋大賞受賞作『鹿の王』の、その先を描いた命の物語。

  • 著者 上橋 菜穂子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041071182

2015年本屋大賞受賞作『鹿の王』の、その先を描いた命の物語。

なによりも大切にせねばならぬ人の命。
その命を守る治療ができぬよう、
政治という手が私を縛るのであれば、
私は政治と戦わねばなりません。

黒狼熱大流行の危機が去り、
東乎瑠帝国では、次期皇帝争いが勃発。

様々な思惑が密かに蠢きはじめているとは知らず
オタワルの天才医術師ホッサルは、祭司医・真那の招きに応じて、
恋人ミラルとともに清心教医術の発祥の地・安房那領へと向かう。

ホッサルはそこで、清心教医術に秘められた驚くべき歴史を知るが、
思いがけぬ成り行きで、次期皇帝争いに巻き込まれていき!?

異なる医術の対立を軸に
人の命と医療の在り方を問う意欲作!

***********************************************
医療に関わる深い考察が、
帝位をめぐるドラマに染みこんでいる。
物語をつむぐ技の見事さを堪能した。
―― 荻原規子さん(作家)

薬をいかに扱うか。
医師達の誇りと尊厳の戦いが、
情緒豊かな上橋ワールドで
繰り広げられる。
極上のサスペンスドラマ!
―― 佐藤多佳子さん(作家)

いつかホッサルや津雅那師と、
命について心ゆくまで語り合いたい。
―― 夏川草介さん(作家)

明日への言葉が道しるべ
川を渡り谷を過ぎ
上橋菜穂子の世界に旅をする
はるかな時間さえ超えて
―― 萩尾望都さん(漫画家)

人はなぜ病むのか。そして、いのちとは何か。
人類史最大の問いの答えが明かされる。
―― 福岡伸一さん(生物学者)

異なる道は辿っても、
「人を救いたい」という出発点は皆同じ。
本物の医療がここにあります。
―― 水上 颯さん(東大生クイズプレイヤー)

良質のファンタジーは本当の癒しになります。
―― 養老孟司さん(解剖学者)

メディアミックス情報

NEWS

「鹿の王 水底の橋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 鹿の王続編であるが、単体の作品として楽しめる内容。というか正直、私が前作の内容を忘れてしまっているのにちゃんと読めてしまったということだけれども。世界観を広げるというより深めていくタイプのお話。医療方 鹿の王続編であるが、単体の作品として楽しめる内容。というか正直、私が前作の内容を忘れてしまっているのにちゃんと読めてしまったということだけれども。世界観を広げるというより深めていくタイプのお話。医療方面がメインで互いに違う価値観はぶつかり合うし、ミステリー的な面白さもある。くっきりしたテーマを打ち出して、今回はコンパクトにまとまった感じ。また別アプローチの新作続編があって良い気がする。 …続きを読む
    海猫
    2019年04月06日
    89人がナイス!しています
  • ファンタジー医療小説、みたいな新ジャンルを読んでいる気分でした。児童文学に分類されるのでしょうか?大人が読んでもなかなか難しかった。医療もさることながら、政治や人の機微も読み込むにはそこそこ読書力が必 ファンタジー医療小説、みたいな新ジャンルを読んでいる気分でした。児童文学に分類されるのでしょうか?大人が読んでもなかなか難しかった。医療もさることながら、政治や人の機微も読み込むにはそこそこ読書力が必要だと感じます。どちらの医療も人を助けたい気持ちは同じなのだから、うまく何とか融合できないのか…と思いますが、この世界の中では難しかったようです。ミラルの選択がとても清々しく、心から応援したくなりました。ホッサルの煮え切らなさにイライラ(笑)良く他の人に取られなかったな…と思います。続編熱望します。 …続きを読む
    りーぶる
    2019年04月15日
    41人がナイス!しています
  • 「鹿の王」の続編。ホッサルとミラルが真那に招かれて、真那の故郷で清心教医術の源流の地でもある安房那領を訪れる所から話が始まる。オタワル医術と清心教医術の対立、ホッサルとミラルの身分違いの恋、そこに様々 「鹿の王」の続編。ホッサルとミラルが真那に招かれて、真那の故郷で清心教医術の源流の地でもある安房那領を訪れる所から話が始まる。オタワル医術と清心教医術の対立、ホッサルとミラルの身分違いの恋、そこに様々な人の思惑が絡む。特にホッサルとミラルについては身分という大きな壁があるので悲恋になってしまうのでは、と思っていたが・・。純粋に”人を治したい”という真心が全てを解決してしまった。前作と同じように未来に希望が見えるような終わり方でとても良かった。 …続きを読む
    まさ
    2019年04月01日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品