鹿の王 2

映画化作品|アニメ化作品

2015年本屋大賞

鹿の王 2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041055083

映画化作品|アニメ化作品

2015年本屋大賞

鹿の王 2

  • 著者 上橋 菜穂子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041055083

2015年本屋大賞受賞! 命を紡ぐ綿密な医療サスペンス!

謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサル。遺体の状況から、二百五十年前に自らの故国を滅ぼした伝説の疫病“黒狼熱”であることに気づく。征服民には致命的なのに、先住民であるアカファの民は罹らぬ、この謎の病は、神が侵略者に下した天罰だという噂が流れ始める。古き疫病は、何故甦ったのか。治療法が見つからぬ中、ホッサルは黒狼熱に罹りながらも生き残った囚人がいると知り……!? 謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサル。遺体の状況から、二百五十年前に自らの故国を滅ぼした伝説の疫病“黒狼熱”であることに気づく。征服民には致命的なのに、先住民であるアカファの民は罹らぬ、この謎の病は、神が侵略者に下した天罰だという噂が流れ始める。古き疫病は、何故甦ったのか。治療法が見つからぬ中、ホッサルは黒狼熱に罹りながらも生き残った囚人がいると知り……!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

各界からの推薦コメント

同じシリーズの作品

メディアミックス情報

NEWS

映画「鹿の王 ユナと約束の旅」

近日公開!

キャスト:堤 真一 竹内涼真 杏
     木村日翠 阿部 敦 安原義人 櫻井トオル 藤 真秀 中 博史 玄田哲章 西村知道
原作:上橋菜穂子『鹿の王』(角川文庫・角川つばさ文庫/KADOKAWA刊)
監督:安藤雅司 宮地昌幸
脚本:岸本 卓
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝

「鹿の王 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2巻も面白かった。ヴァン、ホッサル共に魅力に溢れていた。この2人の道は、いつ交差するのだろう?楽しみで仕方ない!! 2巻も面白かった。ヴァン、ホッサル共に魅力に溢れていた。この2人の道は、いつ交差するのだろう?楽しみで仕方ない!!
    kou
    2019年04月20日
    308人がナイス!しています
  • 面白いので一気読み。すっげぇねこの本!ホント寝る間を惜しんで読んでます!泣いたり笑ったり、可愛かったりで忙しいですが、話の持って行き方が上手すぎて、次ぎどうなる!?ってところで切れるから気になってしょう 面白いので一気読み。すっげぇねこの本!ホント寝る間を惜しんで読んでます!泣いたり笑ったり、可愛かったりで忙しいですが、話の持って行き方が上手すぎて、次ぎどうなる!?ってところで切れるから気になってしょうがなくて、もうちょっと、もうちょっと…って読んでいって読みきってしまう本です。やっぱり大賞取るだけあるわ!ファンタジーで大賞とるのは珍しいらしいですね。うん、ホント買って良かったって思える本です。このまま、次が気になってしょうがないので、3巻目も読んでいきたいと思います。新年からこの本読めてよかった~♪ …続きを読む
    ミュポトワ@猫mode
    2019年01月06日
    253人がナイス!しています
  • 第2巻は第1巻より引き続き謎の伝染病に対する「予防」と「免疫」の話しがメインでした。上橋菜穂子のファンタジーは優しく温もりのある美しい文体でありながらも、キャラクターの息づかいをも生々しく感じられる程リ 第2巻は第1巻より引き続き謎の伝染病に対する「予防」と「免疫」の話しがメインでした。上橋菜穂子のファンタジーは優しく温もりのある美しい文体でありながらも、キャラクターの息づかいをも生々しく感じられる程リアルな描写‼面白いです‼ ただのファンタジーと侮ること勿れ‼ 絶望の淵には必ず温かな希望の光が灯っている。 まだ続きは未読ですが「鹿の王」は医療関係者にもおすすめ出来る1冊だと思います …続きを読む
    青蓮
    2017年06月27日
    224人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

上橋 菜穂子(うえはし・なほこ)

作家・川村学園女子大学特任教授。文化人類学専攻、オーストラリアの先住民アボリジニを研究。
1989年、『精霊の木』で作家デビュー。著書に、第34回野間児童文芸新人賞、第44回産経児童出版文化賞≪ニッポン放送賞≫をダブル受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、第42回野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。
海外での評価も高く、2009年、英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。2014年、“児童文学のノーベル賞”と称される国際アンデルセン賞≪作家賞≫を受賞。日本人の作家としては1994年に受賞したまど・みちお氏以来2人目の快挙となる。
2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞を受賞。

最近チェックした商品