試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041056066

現代百物語 不実

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041056066

不実な者には怪異が訪れる! 現代怪談の名シリーズ第9弾!

「自殺した彼女の人生を代わりに生きています」――滔々と壮絶な体験を語る作家志望の女。傷害事件にまで発展した気まぐれの作り話。芸人が体験した3つの謎と符合する実際の陰惨な話。息を吐くように嘘をつき、偽りに偽りを重ねた不実な人々は、やがて虚妄で邪悪な世界に巻き取られていく……。人の語る「真実」とは、その真贋の証明がどれほど難しいか。真実と虚偽のあわいに生じた怪異譚を99話収録した現代怪談第9弾!

もくじ

第一話 飛んだ足/第二話 似た話/第三話 撃ち抜かれたぬいぐるみ/第四話 カラスの嫌がらせ/第五話 普通が怖い/第六話 首吊りの家/第七話 私の生霊/第八話 生霊の未来……

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「現代百物語 不実」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この『現代百物語』シリーズも9冊目なんですね。1話2Pで99話。全て2Pでおさめる筆力は流石でした。怖すぎる怪談というよりも、日常にふっと訪れた不思議体験、ともすれば勘違い?気のせい?と思ってしまうよ この『現代百物語』シリーズも9冊目なんですね。1話2Pで99話。全て2Pでおさめる筆力は流石でした。怖すぎる怪談というよりも、日常にふっと訪れた不思議体験、ともすれば勘違い?気のせい?と思ってしまうようなものもあるので読みやすかったです。幽霊よりも怪談を語ってる人たちの方が怖かったり、怪奇現象を体験した人の方が悪人ぽかったりと生きてる人間の方にゾッとした。9冊目の不実から読みましたが、シリーズ1作目から読んでみようかな。 …続きを読む
    アン
    2017年08月06日
    63人がナイス!しています
  • 実話怪談集。やっぱり著者の怪談って、人間関係や肉体にまつわる独特の「業」みたいなのを描いているような気がする。男と女の関係であるとか、友人関係であるとか、それがふとした瞬間に違った裏の顔を見せるような 実話怪談集。やっぱり著者の怪談って、人間関係や肉体にまつわる独特の「業」みたいなのを描いているような気がする。男と女の関係であるとか、友人関係であるとか、それがふとした瞬間に違った裏の顔を見せるような話がとても恐ろしい。ダイレクトに怪異を語るよりも、そのふとした瞬間が何とも……。故に収録されているものどれもこれも、何というかねっとりと湿度が高い話が多いような。登場人物の妄想か怪異か、読み進んでいるうちに、こちらまでその中に絡めとられていくようであった。とりあえずこの季節に読むに相応しい本ではあったような。 …続きを読む
    HANA
    2017年07月10日
    62人がナイス!しています
  • 「あの女」が薄くなったためかどの話も虚実皮膜あわいの転換見事、ピタリ2pに収まる巧さに感嘆。次章に続いても数合わせ小分け感もしない。幾つも実在の有名事件が浮かびそうでズラし今巻特にイイ。題通りな人々、 「あの女」が薄くなったためかどの話も虚実皮膜あわいの転換見事、ピタリ2pに収まる巧さに感嘆。次章に続いても数合わせ小分け感もしない。幾つも実在の有名事件が浮かびそうでズラし今巻特にイイ。題通りな人々、妊娠出産、妄想に囚われた人々ばかり綴られるが一番「不実」なのは著者自身で、語られた虚実雑多な言葉を編み直し産み出し読者の常識を揺さぶる…素晴らしいプロ作家だと本当に舌を巻いた。継続してこのレベルの文章を刊行し続ける、これぞプロだと当たり前のことに感じ入る…美味しいあの女が大人しくなって新境地とは驚きそのもの …続きを読む
    澤水月
    2017年06月24日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品