試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041008874

現代百物語 殺意

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041008874

あなたに向けられた殺意に、気づいていますか――? シリーズ第5弾。

奇妙な古着。事件現場の臭い。死んだはずの×子からかかってきた電話。絶対に使ってはいけない部屋。ただそこにいる「誰か」――。ふとした違和感にこそ、恐怖は潜む。大好評の実話怪談、第5弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「現代百物語 殺意」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もう岩井さんの現代百物語も5冊目なんですね。ネタが弱くなるとか似たような話が多くなるとか怪談集のシリーズではありがちな事ですが、さすが岩井さん、彼女の周りの変な人は滞らない。虚言癖や妄想などその手の話 もう岩井さんの現代百物語も5冊目なんですね。ネタが弱くなるとか似たような話が多くなるとか怪談集のシリーズではありがちな事ですが、さすが岩井さん、彼女の周りの変な人は滞らない。虚言癖や妄想などその手の話が多いのは否めないが、だからといって全部同じパターンかというと不思議とそうでないのがすごいところ。個人的に今作では「401号室の女」「彼の名を呼ぶ声」「危険な孤独感」が怖かった。後から考えると…という話はやはりゾっとする。岩井さんと恐怖のツボが似ているのか毎回楽しめるシリーズなので今後も読み続けようと思う。 …続きを読む
    みくろ
    2016年01月11日
    49人がナイス!しています
  • 実話怪談第五弾。相変わらず心に引っかき傷を残しているような話が勢揃いしてるなあ。生霊とかの話が多いが、この手の話でもっと怖いのは想いを受け取る側も、どう考えても世間一般から見て正常とは言い難い人物の多 実話怪談第五弾。相変わらず心に引っかき傷を残しているような話が勢揃いしてるなあ。生霊とかの話が多いが、この手の話でもっと怖いのは想いを受け取る側も、どう考えても世間一般から見て正常とは言い難い人物の多いところ。『東京伝説』みたいな派手なサイコさんは出現しないものの、街角を曲がるとふいにそこに立っている。そんな身近な危ない人物がてんこ盛りの作品集でありました。ちなみに一番印象に残ったのは正義感から暴走していく人々。ネット上でもマスコミでも社会運動でも、こういう人物多々いるからな~。 …続きを読む
    HANA
    2013年06月25日
    43人がナイス!しています
  • トランジ=腐乱死骸像。相手を性欲の目で見たことはあるが、見られた覚えはない。どんな目付き?東京の友が宅飲み寝落ち→デキた二人がオッ始めた音で目覚め、女に覆い被さる男から「邪魔するなよ」ち目で合図され、 トランジ=腐乱死骸像。相手を性欲の目で見たことはあるが、見られた覚えはない。どんな目付き?東京の友が宅飲み寝落ち→デキた二人がオッ始めた音で目覚め、女に覆い被さる男から「邪魔するなよ」ち目で合図され、その目は正に獣であったと。。人から「食べ物」として見られたことは勿論ない。きっと凄い目だろな。嘘の三八つって、見栄張る時はつい三か八を入れるそう。私の一日自己発射record八回は嘘じゃないよ!歌舞伎町のど真ん中のマンションに住む作者に実話と銘打った怪談が全て創作だとconfess=告白した作家ち誰!?……↓ …続きを読む
    グレ
    2016年06月09日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品