試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041018033

現代百物語 彼岸

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041018033

あの世とこの世に境などない…… 大好評シリーズ第6弾!

巣箱から除く邪悪な目。絶対に語ってはいけない話。死んでいるのに気付かない男。霊を届けにくる女……。彼岸と此岸の境を失ったとき、人は人ならぬものとなって彷徨う。大好評の実話怪談、第6弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「現代百物語 彼岸」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 岩井さん流百物語シリーズ6作目。今作は霊能力者や占い師のお話が多かった印象。当たらないのも嫌だけど、当たり過ぎるのも怖い…よく分かります。個人的には「う~う~と言う人」「あの歌」「奇妙な食べ物」「まぶ 岩井さん流百物語シリーズ6作目。今作は霊能力者や占い師のお話が多かった印象。当たらないのも嫌だけど、当たり過ぎるのも怖い…よく分かります。個人的には「う~う~と言う人」「あの歌」「奇妙な食べ物」「まぶたが人間」が怖かった。このシリーズは岩井さんが思った事や感じた事が主流になっているので、後日譚などがある話もあるが、ほとんど真相は分からないものが多い。でもそこが良いというか、ちょっと変な人の中を覗き見するような感覚が好きです。しかし毎度の事ながら、ご本人が思ってる以上に岩井さんは\呼ぶ人\だよなあと思う。 …続きを読む
    みくろ
    2016年04月21日
    48人がナイス!しています
  • BOで108円買い。 シリーズ第6弾。と言ってもこのシリーズ初読み。どれから読んでも問題無し。 タイトル通り百物語。しかし、99話しか掲載されてない。読み終わった後に何かが起こる…? ショートショート BOで108円買い。 シリーズ第6弾。と言ってもこのシリーズ初読み。どれから読んでも問題無し。 タイトル通り百物語。しかし、99話しか掲載されてない。読み終わった後に何かが起こる…? ショートショートのホラー編といったところか。志麻子さんが実際に聞き集めた話なので実話だが設定などは変えてある。 霊的なものだったり、人間の悪意、狂気などが詰まった1冊。1話が2ページと大変短く、志麻子さんのネタ帳を覗いてるかのような感じなのでサラリと読める。 戦慄する話もあるがオチでクスリと笑える話も有り。 …続きを読む
    hideko
    2017年10月13日
    23人がナイス!しています
  • シリーズ第6弾。スルスル読める小説っぽさ。この語り口があるから、「怪談じゃないじゃん!」と思ってもなんだかんだ読み続けている。その良い例が「第四十七話 悪意」「第四十八話 死んだマリン」。正直創作だと シリーズ第6弾。スルスル読める小説っぽさ。この語り口があるから、「怪談じゃないじゃん!」と思ってもなんだかんだ読み続けている。その良い例が「第四十七話 悪意」「第四十八話 死んだマリン」。正直創作だと思う。でもそれでも面白いなぁ、と思えるのだから、岩井志麻子の文章というのは紛れもない小説家のそれなのだった。次巻を買っていない事に焦るくらいには嵌っている。「第二十七話 箱がほしい」みたいな正統派から「第九十六話 錆びついたギアが回るような」“らしい”犯罪譚まで。このシリーズ読んでると変に視野が広がりそう。 …続きを読む
    pulpo8
    2017年08月23日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品