九十九怪談 第八夜

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041051962

九十九怪談 第八夜

  • 著者 木原 浩勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041051962

怪談の聖地・松江で体験した恐るべき怪異とは? 絶好調シリーズ第8弾。

小泉八雲ゆかりの地・松江で体験・蒐集した怪異の数々。美保関のトンネル入口に現れる白装束の女、天井に浮かび上がる般若心経、存在しないホテルの客室からの注文……。住民が語り継ぐ恐怖体験に震えあがる(松江シリーズ)。自動車修理店のヤードに置かれていた不思議な車。試乗すると……(「ヤード」)。天井や床下から聞こえる女のすすり泣きを止めた、本家に伝わる家宝とは(「家宝」)。恐怖テンコ盛りでお届けする実話怪談全99話。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第八夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 共読反映の為登録。初めてのシリーズ。99話の実話怪談集。実話怪談なので話の脈絡とか明確なオチがある訳ではない。怖いものもあるけど夢でも見ていたのではと思うような奇妙な話が多い。私は信じる方なので頷ける 共読反映の為登録。初めてのシリーズ。99話の実話怪談集。実話怪談なので話の脈絡とか明確なオチがある訳ではない。怖いものもあるけど夢でも見ていたのではと思うような奇妙な話が多い。私は信じる方なので頷けるものもあったけどそんなこともあるのかなと思うものもあった。こういった現象は体験者の主観によるところが大きい。同じ場所にいて同じ体験をしても同様に感じる場合もあれば違った感じ方をする場合もあるし全く感じない場合もある。受け手次第のところもあるし多様で摩訶不思議な世界だと思う。 …続きを読む
    p.ntsk
    2017年08月20日
    43人がナイス!しています
  • 第七夜に続き初読。前半は乗り物や移動に関する怪異が多い印象。後半は前作で紹介された松江のイベントの際に取材された体験談と、ハワイ、タイで取材された話がそれぞれまとまって紹介される。個人的には怪異の舞台 第七夜に続き初読。前半は乗り物や移動に関する怪異が多い印象。後半は前作で紹介された松江のイベントの際に取材された体験談と、ハワイ、タイで取材された話がそれぞれまとまって紹介される。個人的には怪異の舞台も年代も、完全なオムニバス式で紹介される方が好ましい。ただ怪談話は取材時=事象の発生時期ではないので、一斉に仕入れられた話でも、様々な時代の話に触れることができる。だからその点はいつでも期待して読むことができる。 …続きを読む
    クナコ@小野不由美祭り中
    2018年09月13日
    18人がナイス!しています
  • D評価。 単純に怖い話が少ない。 10話もないんじゃなかろうか。 怪談とはなんぞやという定義話はさておき、 少なくとも私の求める怪談シリーズではなくなったなと。 でもまぁ次も買ってしまうと思うが D評価。 単純に怖い話が少ない。 10話もないんじゃなかろうか。 怪談とはなんぞやという定義話はさておき、 少なくとも私の求める怪談シリーズではなくなったなと。 でもまぁ次も買ってしまうと思うが。 それにしても 怖くないのにゾワっと身体が反応する話はなんなんだろう。 不思議だ。 …続きを読む
    シン
    2017年08月19日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品