試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041008331

九十九怪談 第四夜

  • 著者 木原 浩勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041008331

シリーズ最恐実話「港区のマンション」を初め背筋も凍る99話を紹介!

米国育ちのEさんは幽霊など全く信じていなかったが、上の部屋の変な物音に悩まされ続けた。ある日、窓を叩く音がきこえ、やがて外からカーテンが…。最恐実話「港区のマンション」を初め99話を収録!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第四夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第4弾。いつものように怖い話からちょっと不思議な話まで。直接霊が登場するものより不思議な話の方が奇妙すぎて怖かったりする。1話見開き1ページ位なのでサラッと読めてしまうがもの足りなさを感じる。 シリーズ第4弾。いつものように怖い話からちょっと不思議な話まで。直接霊が登場するものより不思議な話の方が奇妙すぎて怖かったりする。1話見開き1ページ位なのでサラッと読めてしまうがもの足りなさを感じる。分量倍くらいほしいところ。印象に残ったのは「親指」「嘘」「ヘアサロン」「注意」「五歳の頃」「地下鉄」「間取り」「糊付け」「港区のマンション」。[共読反映の為登録] …続きを読む
    p.ntsk
    2019年08月12日
    59人がナイス!しています
  • 99話の怪談が収録された怪異談集。何故かいきなり第四夜から読みはじめたが、特に憑き物・・いや続きものではないので問題ない。「新耳袋」シリーズはテレビ、映画で全て観ており大好物なので、こちらも同じ作者と 99話の怪談が収録された怪異談集。何故かいきなり第四夜から読みはじめたが、特に憑き物・・いや続きものではないので問題ない。「新耳袋」シリーズはテレビ、映画で全て観ており大好物なので、こちらも同じ作者ということで読んでみた。実話系怪談ということで、実際に起こったことを取材し蒐集しているというところはじわりぞわりとくるが、ん~、これはちょっとパンチに欠けるかな。どちらかというと不思議なまま終わる話が多い。怪談を100話語り終えると、何かの怪異が起こるそうだが、99話に自分の怪談を1つ加えてみろという事なのか? …続きを読む
    スカラベ
    2015年07月01日
    56人がナイス!しています
  • 多頭飼いしているネコが、みんなで何もないところを凝視してたら確かに怖い。ネコはたまに何もないところを見つめてたりするし。 多頭飼いしているネコが、みんなで何もないところを凝視してたら確かに怖い。ネコはたまに何もないところを見つめてたりするし。
    坂城 弥生
    2020年12月10日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品