角川文庫

九十九怪談 第十夜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041081952
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

九十九怪談 第十夜

  • 著者 木原 浩勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041081952

最後にして最恐の怪異が襲い来たり。恐怖の夜を生き延びることができるか?

不思議な力を持つ祖父と一緒に体験した怪異の数々、森林公園のログハウスに泊まった十人が過ごした恐怖の一夜などを収録。十年の集大成。最後にして最凶の恐怖。身震いが止まらない実話怪談99本。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第十夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 筆者が伝え聞いたあるいは経験した99話の実話怪談を集録。見開き1ページの分量なのでサクサク読めます。大きな事件というより日常の中の出来事を余分な煽りや解釈なく語っています。因果関係不明、起承転結なくオ 筆者が伝え聞いたあるいは経験した99話の実話怪談を集録。見開き1ページの分量なのでサクサク読めます。大きな事件というより日常の中の出来事を余分な煽りや解釈なく語っています。因果関係不明、起承転結なくオチもなし。怖いものから不可思議なもの思わず笑ってしまうものまで様々。ホンマでっか?というのもあるけどそんなものも含めて面白い。いかにもな設定や雰囲気じゃない日常のひとコマ明るい日の光の中で展開される話の方がかえってゾゾっとします。最後の連続エピソードの「おじいちゃん」すごかった。[共読反映の為登録] …続きを読む
    p.ntsk
    2019年07月15日
    45人がナイス!しています
  • シリーズ完結巻。「トントンお化け」読んでて思い出したのが、うちの祖父母の家もトイレに入っていると正面にある階段から誰かが降りてきてノックされることがよくあった。そもそも2階は普段から使っていないし、ド シリーズ完結巻。「トントンお化け」読んでて思い出したのが、うちの祖父母の家もトイレに入っていると正面にある階段から誰かが降りてきてノックされることがよくあった。そもそも2階は普段から使っていないし、ドアを開けても誰もいない。もう慣れっこだったので怖いとも思わなかったけれど、座敷童でもいたのかなぁ。 …続きを読む
    あーびん
    2019年05月29日
    20人がナイス!しています
  • 初読。「新耳袋」に続いた「九十九怪談」シリーズもついに最終巻。内容は良くも悪くもこれまで通り。心なしか暖かい話が多かった。昔馴染みの怪異、身近な人が出た話、知り合いと怪異の関わりなどの話が強く印象に残 初読。「新耳袋」に続いた「九十九怪談」シリーズもついに最終巻。内容は良くも悪くもこれまで通り。心なしか暖かい話が多かった。昔馴染みの怪異、身近な人が出た話、知り合いと怪異の関わりなどの話が強く印象に残った。個人的には「新耳袋」の章立てによる分類よりも「九十九怪談」の一挙羅列形式の方が身構えずに読めた。しかし読み終えてみれば、また「新耳袋」の1巻から読もうかと思ってしまうのだから、私も好きだなあと呆れる。 …続きを読む
    クナコ
    2019年06月12日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品