試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041038048

九十九怪談 第七夜

  • 著者 木原 浩勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041038048

無菌室で、監獄博物館で、自衛隊駐屯地であった、震える怪談実話99本!

自衛隊駐屯地の兵舎内トイレから夜半に響く銃声。工場の無菌室の床から生えてきたものとは? 日本全国で起きた恐るべき怪異の数々! 読むと朝まで眠れなくなる、本当にあった怖い話99本!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第七夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何冊読んでも怖いものは、怖い。 何冊読んでも怖いものは、怖い。
    ばんだねいっぺい
    2016年06月19日
    28人がナイス!しています
  • 『刺身』が印象的。私もそう思ってた。お肉が良いわ(笑)花も菊より薔薇が良いわ。まずいゼリーの菓子とかまずい落雁より、チョコレートが良いわ。登山中の下着紛失の話は不思議だけど...怖くない。千日デパート 『刺身』が印象的。私もそう思ってた。お肉が良いわ(笑)花も菊より薔薇が良いわ。まずいゼリーの菓子とかまずい落雁より、チョコレートが良いわ。登山中の下着紛失の話は不思議だけど...怖くない。千日デパートの辺りはつい4月に歩いたけど、そんな不思議な交番もあったのか。このシリーズは順調に文庫化しているけど、隣の怪のほうは止まっちゃったね...5巻以降も出してほしいな。 …続きを読む
    chatnoir
    2016年06月09日
    19人がナイス!しています
  • 大好きな実話怪談のシリーズ。今回は震え上がる程の怖さはなかったけれど、全体的に日常生活のふとした場面にいつでも潜んでいそうな話ばかり。切っても切り離せないというか、日々の生活にひっそりと寄り添っている 大好きな実話怪談のシリーズ。今回は震え上がる程の怖さはなかったけれど、全体的に日常生活のふとした場面にいつでも潜んでいそうな話ばかり。切っても切り離せないというか、日々の生活にひっそりと寄り添っているというか・・・例えばある日自宅で何の脈略もなく怪異が起きる。どんな理由でどんな目的で起きるのか、どんな繋がりがあるのか、分からないから余計に気味が悪い(-\-) 上質な怪談。木原さんのシリーズはいつも裏切らない。 …続きを読む
    cao-rin
    2016年06月13日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品