九十九怪談 第七夜 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年05月25日
商品形態:
電子書籍

九十九怪談 第七夜

  • 著者 木原 浩勝
発売日:
2016年05月25日
商品形態:
電子書籍

無菌室で、監獄博物館で、自衛隊駐屯地であった、震える怪談実話99本!

とある駐屯地で起きた怪異の数々。弾薬庫の人影、ベッドに正座する着物姿の女、兵舎の奥から聞こえる子供の足音、夜中に響く銃声……。隊員も震えあがった恐怖体験(「自衛隊駐屯地」)。化粧品会社の工場にある無菌室で夜勤中、足元でカサカサと音が……(「無菌室」)。病院の霊安室、閉店後のデパートの売場フロア。誰もいない場所で〈何か〉にセンサーが反応し赤ランプが点る(「発報」)。日本全国で起きた恐るべき怪異の数々。選りすぐりの本当にあった怖い話99本。

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第七夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「笑顔」動物が虚空を見つめてるのと同じ種類で現代的な怖さ。機械にはなにか見えてるのかな、と。「大家さん」叱咤した上で助けてくれる。いい話だと思う。「お刺身」強いこだわりだね。しきたりとかそんなもんどう 「笑顔」動物が虚空を見つめてるのと同じ種類で現代的な怖さ。機械にはなにか見えてるのかな、と。「大家さん」叱咤した上で助けてくれる。いい話だと思う。「お刺身」強いこだわりだね。しきたりとかそんなもんどうでもいい、というこれも強さかな。「遺品」まるで旅行にいく準備みたい。こういう穏やかさは救われる。「葬儀屋」経営する上での覚悟だと思う。 …続きを読む
    坂城 弥生
    2020年12月24日
    48人がナイス!しています
  • 何冊読んでも怖いものは、怖い。 何冊読んでも怖いものは、怖い。
    ばんだねいっぺい
    2016年06月19日
    28人がナイス!しています
  • 『刺身』が印象的。私もそう思ってた。お肉が良いわ(笑)花も菊より薔薇が良いわ。まずいゼリーの菓子とかまずい落雁より、チョコレートが良いわ。登山中の下着紛失の話は不思議だけど...怖くない。千日デパート 『刺身』が印象的。私もそう思ってた。お肉が良いわ(笑)花も菊より薔薇が良いわ。まずいゼリーの菓子とかまずい落雁より、チョコレートが良いわ。登山中の下着紛失の話は不思議だけど...怖くない。千日デパートの辺りはつい4月に歩いたけど、そんな不思議な交番もあったのか。このシリーズは順調に文庫化しているけど、隣の怪のほうは止まっちゃったね...5巻以降も出してほしいな。 …続きを読む
    chatnoir
    2016年06月09日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品