九十九怪談 第十夜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041051917

九十九怪談 第十夜

  • 著者 木原 浩勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041051917

最後にして最恐の怪異が襲い来たり。恐怖の夜を生き延びることができるか?

大好評実話怪談シリーズ『九十九怪談』の最終巻にして最恐の第10弾。不思議な力を持つ祖父と一緒に体験した怪異の数々、森林公園のログハウスに泊まった十人が過ごした恐怖の一夜などを紹介!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第十夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 筆者が伝え聞いたあるいは経験した99話の実話怪談を集録。見開き1ページの分量なのでサクサク読めます。大きな事件というより日常の中の出来事を余分な煽りや解釈なく語っています。因果関係不明、起承転結なくオ 筆者が伝え聞いたあるいは経験した99話の実話怪談を集録。見開き1ページの分量なのでサクサク読めます。大きな事件というより日常の中の出来事を余分な煽りや解釈なく語っています。因果関係不明、起承転結なくオチもなし。怖いものから不可思議なもの思わず笑ってしまうものまで様々。ホンマでっか?というのもあるけどそんなものも含めて面白い。いかにもな設定や雰囲気じゃない日常のひとコマ明るい日の光の中で展開される話の方がかえってゾゾっとします。最後の連続エピソードの「おじいちゃん」すごかった。 …続きを読む
    p.ntsk
    2019年07月15日
    46人がナイス!しています
  • このシリーズも最終。長く続いた次世代型怪談本が続々終わる2017年は区切りの年だろうか。今巻は出だし非常にテンポよくさすがに上手い。中盤以降99話にするためかまた小分け系 このシリーズも最終。長く続いた次世代型怪談本が続々終わる2017年は区切りの年だろうか。今巻は出だし非常にテンポよくさすがに上手い。中盤以降99話にするためかまた小分け系
    澤水月
    2017年06月02日
    25人がナイス!しています
  • そうか、10年たったのか・・・。99話を1冊にして、これを10冊。そりゃ10年もたつよなぁ。実話系怪談を読みはじめたのは扶桑社の『新・耳・袋』で、小堺一幾さんが「こんなコワイ本がある」とラジオ番組で紹 そうか、10年たったのか・・・。99話を1冊にして、これを10冊。そりゃ10年もたつよなぁ。実話系怪談を読みはじめたのは扶桑社の『新・耳・袋』で、小堺一幾さんが「こんなコワイ本がある」とラジオ番組で紹介されて、興味を持ったのがきっかけ。その頃から怖い話よりも不思議で奇妙な話のほうが好みだった。『「超」怖い話』に関心を持たなかったのは「怖い話」限定だと意識していたからかもしれない。などと過去を振り返るきっかけの1冊。さて、お次は現世怪談最新刊『開かずの壺』かな、これからも楽しみにさせていただきます。 …続きを読む
    やんも
    2017年06月19日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品