乳房の神話学

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044001629

乳房の神話学

  • 著者 ロミ
  • 訳・解説 高遠 弘美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044001629

人類は、このふくらみに何をみてきたのか?

稀代の趣味人にして大収集家・ロミ。彼が集めたポスターや絵画など莫大な資料とともに、あっと驚く乳房表象の歴史をたどる。古来人々が乳房に見てきたものは、豊饒か、禁忌か、はたまた―。200点以上の美しい図版とともに歴史をたどる、空前絶後の乳房学大全!

【目次】
第一章 歴史をたどり風俗からみた乳房
第二章 文学にみる乳房の強迫観念
第三章 乳房用語集
ロミ『乳房の神話学』に寄せて ロー・デュカ
「乳いろの花の庭から」―ロミのために 高遠弘美

もくじ

【目次】
第一章 歴史をたどり風俗からみた乳房
第二章 文学にみる乳房の強迫観念
第三章 乳房用語集
ロミ『乳房の神話学』に寄せて ロー・デュカ
「乳いろの花の庭から」―ロミのために 高遠弘美


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「乳房の神話学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前半は西洋の女性の胸の膨らみに関する、あらゆる歴史的考証とでも言えばいいかしら。史料をもとに論考しています。後半は訳者による国文学の中で書き表された乳房に関する叙述です。洋の東西を問わず女性の象徴であ 前半は西洋の女性の胸の膨らみに関する、あらゆる歴史的考証とでも言えばいいかしら。史料をもとに論考しています。後半は訳者による国文学の中で書き表された乳房に関する叙述です。洋の東西を問わず女性の象徴である乳房について真っ向正面から語っている一冊でした。 …続きを読む
    Shoji Kuwayama
    2018年04月01日
    54人がナイス!しています
  • もう23年も前に亡くなったフランスの著述家ロベール・ミケル:通称ロミ による乳房礼賛。古くは古代土器から現在にいたる歴史の中で顔を見せる数々の乳房礼賛詩、歌詞、文章、小説の一場面を紹介し乳房の素晴らし もう23年も前に亡くなったフランスの著述家ロベール・ミケル:通称ロミ による乳房礼賛。古くは古代土器から現在にいたる歴史の中で顔を見せる数々の乳房礼賛詩、歌詞、文章、小説の一場面を紹介し乳房の素晴らしさを褒め称える。 1600~1700年台では乳房礼賛と共に形の良さに傾注しブラジャーの基本の様な物が出来上る。そのころから形を良く見せるためにパッドが発明された。私はブラジャーなんて必要ないわ。って自信を持っている女子は乳房を露わにしたドレスを着ていたらしい。ホウホウとトリビア雑学がまた増えた。 …続きを読む
    Vakira
    2017年01月24日
    25人がナイス!しています
  • 図版の数もさることながら、引用されている詩歌の多さと言ったら!お目にかかったことのない詩歌ばかりでした(笑)体系的な神話学というよりも、少し専門的な雑学本のような内容。とりあえず詩歌の言葉がきらびやか 図版の数もさることながら、引用されている詩歌の多さと言ったら!お目にかかったことのない詩歌ばかりでした(笑)体系的な神話学というよりも、少し専門的な雑学本のような内容。とりあえず詩歌の言葉がきらびやかでした。 …続きを読む
    双海(ふたみ)
    2017年10月15日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品