パラダイス・ロスト

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041008263

パラダイス・ロスト

  • 著者 柳 広司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041008263

「ジョーカー・ゲーム」シリーズ第3弾、待望の文庫化!

スパイ組織"D機関"の異能の精鋭たちを率いる“魔王”――結城中佐。その知られざる過去が、ついに暴かれる!? 世界各国、シリーズ最大のスケールで繰り広げられる白熱の頭脳戦。究極エンタメ!


おすすめコメント

超────おもしろかったです!!
重厚なんだけどサクサク読めて、大ピンチなんだけど、読んでてずっと顔笑ってるみたいな!
D機関……、まじ底しれねぇっす。
──(三省堂書店有楽町店 新井見枝香)

戦争という特異な時代の不穏な空気の中で蠢く権謀術数。真実と裏切りが激しく交錯し、そして自らも偽り欺く……。
極限状態の騙し合いは、死への畏怖よりもクールな気品がよく似合う。壮大なスケール、堂々たる風格、究極の知の攻防。
「魔王」の魅力に誰もが惹きこまれ、後戻りできなくなるだろう。
──(三省堂書店神保町本店 内田剛)

戦時中の日本では考えられれない教え、「死ぬな。殺すな」を徹底的に叩き込まれたエリートスパイ。
”D機関”を率いる結城中佐を始めとする彼らの超絶思考に圧倒され惹きつけられる。
教科書からは読み取れない戦争や人間模様を絡めた極上のスパイミステリ!
──(ブックファースト梅田2階店 岸田安見)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『パラダイス・ロスト』ラジオドラマ


「パラダイス・ロスト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本作はツボにはまったせいか一気読みでした。当方の予測は相も変わらずコテンパンにされておりますが、でもなんだがそれが嬉しいんですよね、そう来たかぁ!ってね。自分の思いもよらない所に真実があると云うことに 本作はツボにはまったせいか一気読みでした。当方の予測は相も変わらずコテンパンにされておりますが、でもなんだがそれが嬉しいんですよね、そう来たかぁ!ってね。自分の思いもよらない所に真実があると云うことには本当にワクワクさせられます。 …続きを読む
    ehirano1
    2016年11月12日
    393人がナイス!しています
  • シリーズ第三弾を再読。スパイはまさに超人。「誤算」はフランスで記憶を失った島野の活躍。臨機応変の対応、相手に話させ情報を得ることと、記憶の階層は興味深い。スパイでなくても役に立つ。「失楽園」はシンガポ シリーズ第三弾を再読。スパイはまさに超人。「誤算」はフランスで記憶を失った島野の活躍。臨機応変の対応、相手に話させ情報を得ることと、記憶の階層は興味深い。スパイでなくても役に立つ。「失楽園」はシンガポールが舞台。人を操る術は圧巻(後述)。真珠湾の前にコタバル上陸作戦があったことは知られてない。「追跡」は結城中佐の正体を追う英国人記者。「暗号名ケルベロス」は客船、朱鷺丸での英日スパイの戦い。予定外のことが次々と起こり、内海はピンチに!その後が気になるけど凝りすぎか?シリーズは「ラスト・ワルツ」に続く。 …続きを読む
    zero1
    2019年03月06日
    323人がナイス!しています
  • D機関シリーズ3作目。相変わらず面白いし、D機関所属の人達は凄い。それを統括する結城中佐は、直接工作活動を行うわけじゃないけど、さらに凄い。小説の世界とはいえ、今の日本に存在するのか分からないこのよう D機関シリーズ3作目。相変わらず面白いし、D機関所属の人達は凄い。それを統括する結城中佐は、直接工作活動を行うわけじゃないけど、さらに凄い。小説の世界とはいえ、今の日本に存在するのか分からないこのような機関、そして結城達に、身震いするような感動を覚える。本作は5編(ただし、そのうち2篇は連作)の独立した短編集。いずれも面白いが、なかでも、「追跡」は結城中佐の生い立ちに迫る作品なので、ジョーカー・ゲームファンなら見逃せない。スパイアクションものが好きな人なら、「誤算」がお薦め。さあ、次はラスト・ワルツだ。 …続きを読む
    kishikan
    2015年07月05日
    311人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

クールでスタイリッシュなスパイミステリの第3弾。今作も緻密な構成と抜群のリーダビリティで、最後までページを捲る手が止まりませんでした。全編に渡り、必ず最後にニヤリとする展開やオチが用意されており、何度も「うまい!」「ここまでやるか……」と、心の中で叫んだり呟いたりしていました。(ゆきひろさん)

スリリングで鋭利なストーリー展開が魅力的なのは、もはや言わずもがな。色々な予想外を想定している‘つもり’で読んでいて、「やっぱりね」と思って気を抜いた瞬間、「え!そっちも!?」と結局は上をいかれてしまう。でも読者としては、そうやって裏切られるのが堪らない快感になってしまうんですね。(椿季さん)

著者の作品を読んだのは、本作が初めてだったのですが、読み始めてすぐに引き込まれました。名前しか登場しないのに、圧倒的な存在感を発する結城中佐にとても魅了されます。本作品を読み、すぐに著者の既刊作を購入しに走りました! それぐらい面白かったです!(ちぃちぃさん)

著者紹介

柳 公司(やなぎ こうじ)

1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊ちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。
09年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞をダブル受賞。
他の著書に『トーキョー・プリズン』『新世界』『はじまりの島』『ロマンス』『キング&クイーン』『漱石先生の事件簿 猫の巻』『月と虎』『怪談』『ナイト&シャドウ』などがある。今最も注目を集めるミステリ作家の一人。

この著者の商品

最近チェックした商品