試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049133332

君が最後に遺した歌

  • 著者 一条 岬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049133332

続々重版『今夜、世界からこの恋が消えても』著者が贈る感動ラブストーリー

田舎町で祖父母と三人暮らし。唯一の趣味である詩作にふけりながら、僕の一生は平凡なものになるはずだった。
ところがある時、僕の秘かな趣味を知ったクラスメイトの遠坂綾音に「一緒に歌を作ってほしい」と頼まれたことで、その人生は一変する。
 “ある事情”から歌詞が書けない彼女に代わり、僕が詞を書き彼女が歌う。そうして四季を過ごす中で、僕は彼女からたくさんの宝物を受け取るのだが……。
時を経ても遺り続ける、大切な宝物を綴った感動の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「君が最後に遺した歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 田舎町で祖父母と三人暮らし。唯一の趣味である詩を作っていることを知った、人を寄せ付けない美人のクラスメイト、通称「鉄の女」と呼ばれている遠坂綾音に「一緒に歌を作ってほしい」と頼まれたことで、その人生は 田舎町で祖父母と三人暮らし。唯一の趣味である詩を作っていることを知った、人を寄せ付けない美人のクラスメイト、通称「鉄の女」と呼ばれている遠坂綾音に「一緒に歌を作ってほしい」と頼まれたことで、その人生は一変する。歌詞が書けない事情を抱える綾音に代わり僕が詞を書き彼女が歌う。放課後二人で曲作りとか、二人の出会いから別れまでの過程が丁寧に描かれていて、つい感情移入してしまい終盤は涙が止まらなかったです。冒頭の『彼女』は綾音とは別の存在で、あぁ、これは別れの物語なんだと感じながら読み進めて、 …続きを読む
    皐月
    2021年02月23日
    86人がナイス!しています
  • 泣けるとか、泣いたとかを安易に使いたくないけど、これは、もう、泣けます。 泣かせるフレーズを使ったり、泣かせる方向に持って行ったりしない、簡素で淡々とした語り口が効果的。春人が一人称で語る綾音との思い 泣けるとか、泣いたとかを安易に使いたくないけど、これは、もう、泣けます。 泣かせるフレーズを使ったり、泣かせる方向に持って行ったりしない、簡素で淡々とした語り口が効果的。春人が一人称で語る綾音との思い出。 「君/最後/遺した」悲しい結末が待っていることは予想できるので、途中何度も胸が苦しくなった。 青春もので恋愛小説だけど、文体や出来事に浮ついたところのない、落ち着いた作品。良作です。しをんさん曰く、一人称で長編を書き切るのはとても難しいそうです。 …続きを読む
    kei302
    2021年01月28日
    65人がナイス!しています
  • 田舎町で祖父母と三人暮らしで、詩作を唯一の趣味に平凡な生活を送り、堅実な将来を目指していた水嶋春人。その秘かな趣味を知った同級生・遠坂綾音から一緒に歌を作るように誘われ、その人生が変わり始める青春小説 田舎町で祖父母と三人暮らしで、詩作を唯一の趣味に平凡な生活を送り、堅実な将来を目指していた水嶋春人。その秘かな趣味を知った同級生・遠坂綾音から一緒に歌を作るように誘われ、その人生が変わり始める青春小説。歌詞が書けない事情を抱える綾音に代わり自分が書く関係。共に時を過ごし想いを積み重ねて彼女が歌う姿に惹かれてゆく春人。綾音の夢を叶えるために背中を押す春人の決意は切なくて、けれど離れ離れになっても変わらない思いがあって、そんな二人が過ごしたかけがえのない日々と、ちょっと粋な結末にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2020年12月28日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品