饗宴 ソクラテス最後の事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041086360

饗宴 ソクラテス最後の事件

  • 著者 柳 広司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041086360

変人ソクラテス×友人クリトンが連続不可能殺人に挑む、本格ミステリ!

『ジョーカー・ゲーム』の柳広司の原点がここに。

書評家・村上貴史氏、絶賛!
「圧巻である。刺激的なミステリ」(解説より)

哲人ソクラテスとクリトンが、ある祝宴に招かれた翌朝。
宴席にいた貴族の青年が、広場(アゴラ)の中心で奇妙な死を遂げた。
アクロポリスの裏では異国風の青年のバラバラ死体と、不可解な文字と模様が刻み込まれた陶器と円盤が発見される。
謎の“ピュタゴラス教団”と、人造人間“ホムンクルス”の仕業か? 都市国家・アテナイの命運をかけた大事件の真相に変人ソクラテスが鮮やかな推理で迫る!
圧巻の長篇本格ミステリ。
解説・村上貴史


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「饗宴 ソクラテス最後の事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 正直言って楽しめなかった。ロジックが面倒くさいったらありゃしない。そうだったのか!とはならなかったな。うーん。自分には合わなかったよ△ 正直言って楽しめなかった。ロジックが面倒くさいったらありゃしない。そうだったのか!とはならなかったな。うーん。自分には合わなかったよ△
    時代
    2019年11月12日
    12人がナイス!しています
  • なるほど。面白かったです なるほど。面白かったです
    ドットジェピー
    2019年10月31日
    6人がナイス!しています
  • 読み応えのある、面白い作品だった。引き込まれるように読んだ。ソクラテスや、プラトンの人となりは正直ほとんどわからない。毒ニンジンを飲む前後程度をわずかに知っているくらい。もう少し知っておきたいと思った 読み応えのある、面白い作品だった。引き込まれるように読んだ。ソクラテスや、プラトンの人となりは正直ほとんどわからない。毒ニンジンを飲む前後程度をわずかに知っているくらい。もう少し知っておきたいと思った。だいぶん昔、高校生の時、どうしても3ページ以上読み進むことができずに断念した「ソクラテスの弁明」にもう一度トライしてみようかな。 …続きを読む
    ふたば リハビリ開始しています
    2019年11月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品