小さき者の声 柳田国男傑作選

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044083120

小さき者の声 柳田国男傑作選

  • 著者 柳田 国男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044083120

柳田国男の代表作だけを集めた傑作選!

表題作のほか「こども風土記」「母の手毬歌」「野草雑記」「野鳥雑記」「木綿以前の事」の全6作品を一冊に収録! 柳田が終生持ち続けた幼少期の直感やみずみずしい感性、対象への鋭敏な観察眼が伝わる傑作選。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小さき者の声 柳田国男傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 子供の世界や庭先に見られる小さな自然等を題材に、そこから思索を広げていく論考が収録されている。「小さき者の声」であれば「ののさま」「まんまいさま」の言葉を読む度、あの遠い夕暮れに見上げた満月を思い出す 子供の世界や庭先に見られる小さな自然等を題材に、そこから思索を広げていく論考が収録されている。「小さき者の声」であれば「ののさま」「まんまいさま」の言葉を読む度、あの遠い夕暮れに見上げた満月を思い出すし、「こども風土記」であればそこに収録されている数々の遊びから子供の頃の数々の遊戯を思い出させられる。幼児の言葉も遊戯も手毬唄も、収録されている全てがノスタルジアに直接訴えかけてくるように感じた。その他も庭先の草花や小鳥の鳴き声等、全て小さな事から始められており、その意味で本書全てが「小さき者の声」であった。 …続きを読む
    HANA
    2013年04月04日
    40人がナイス!しています
  • 表紙がとっても綺麗なので読んでみようと思い立ちました。子供たちの文化風土記、って感じなのかな?きっと、もう失われたり、受け継がれてたり、現代風に姿を変えたりしてる遊びたちなんだろうな。ノノサマ、だけは 表紙がとっても綺麗なので読んでみようと思い立ちました。子供たちの文化風土記、って感じなのかな?きっと、もう失われたり、受け継がれてたり、現代風に姿を変えたりしてる遊びたちなんだろうな。ノノサマ、だけはなんか聞いたことあるな?小1のころ、保育園児だった私以外の子は全員、2つの幼稚園のどっちかの所属で。片方の勢力の子が、「ノノサマは口では何にも言わないけれど♪」って歌ってたっけ。懐かしいなぁ、よく余所者扱いで苛められては殴り返してたんだっけ♪ …続きを読む
    シュエパイ
    2013年11月11日
    8人がナイス!しています
  • 全てを信仰にしてしまうのはちょっと注意が必要だが、全国津々浦々の子供の遊びの事例を集めて考察していてこんな遊びもあるのかと思った。ままごとだけでかなり方言があるのには驚いた。「鹿・鹿・角・何本」という 全てを信仰にしてしまうのはちょっと注意が必要だが、全国津々浦々の子供の遊びの事例を集めて考察していてこんな遊びもあるのかと思った。ままごとだけでかなり方言があるのには驚いた。「鹿・鹿・角・何本」という遊びは現代では聞かないが、西の方の子供達は今でも遊んでいるのだろうか。「木綿以前の事」で質実剛健の伝統を持ち出す政府を批判し、古いものにこだわらず幸福のためなら新しい技術などを受け入れることを厭わない姿勢は現代にも通用する考え方であろう。 …続きを読む
    西野西狸
    2017年12月15日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品