試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年02月22日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
128
雑誌コード:
5266086
ISBN:
9784040662862

漱石とはずがたり 1

  • 著者 香日ゆら
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年02月22日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
128
雑誌コード:
5266086
ISBN:
9784040662862

世界最強のナツメマニア光臨!夏目漱石について語り尽くしますの

漱石を好きすぎるが故に、担当編集にそそのかされ、ヲタクとマニアの狭間でゆらゆらしながら漱石談話を繰り広げてしまう香日さんが贈る文藝コミックエッセイ!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「漱石とはずがたり 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夏目漱石とその周辺にまつわるコミックエッセイ。これまた実に面白い。歴史上の人物にはそれぞれにこんな作品が生まれれば良いのにとすら思う。作者が本当に夏目漱石を好きなのが伝わってきて、いつの間にかこちらま 夏目漱石とその周辺にまつわるコミックエッセイ。これまた実に面白い。歴史上の人物にはそれぞれにこんな作品が生まれれば良いのにとすら思う。作者が本当に夏目漱石を好きなのが伝わってきて、いつの間にかこちらまで夏目漱石に好感を持ってしまう。偉いのは、いくら好きでも贔屓の引き倒しをしておらず、欠点は欠点としてフラットに扱い、それでもなお夏目漱石を愛しているところである。欠点は欠点で萌えるのがファンなのである。私も坂本龍馬ファンで資料本など読むので、香日ゆらの気持ちはついつい共感してしまう。歴史好きの共通点だなぁ。 …続きを読む
    マリリン・モンローノーリターン♪ノーリターン♪ノーリターン♪この世はもうすぐおしまいだ♪ノーリターン♪ノーリターン♪・寺
    2018年09月13日
    58人がナイス!しています
  • 夏目漱石とその友人と弟子たちとの交流を描いた『先生と僕』の作者、香日ゆらさんによる夏目漱石もとい金之助LOVEなエッセー・コミック。髭の変遷から誤解されやすい漱石先生の性格についての萌えトークに笑わさ 夏目漱石とその友人と弟子たちとの交流を描いた『先生と僕』の作者、香日ゆらさんによる夏目漱石もとい金之助LOVEなエッセー・コミック。髭の変遷から誤解されやすい漱石先生の性格についての萌えトークに笑わさせていただきました。相変わらず、先生のことを理解している寅彦と先生愛が暴走している小宮の落差に愕然。確かに正岡子規の写真ってやんちゃくれでもないし、老けて見えるよね・・・。そして漱石先生、本当に『こころ』がなぜ、女子に異様に人気なのか知らなくてもいいのですよ! …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2014年03月12日
    38人がナイス!しています
  • 漱石オタクによるコミックエッセイ。漱石とお札の話から始まる。新渡戸稲造は漱石よ5才上で同じ英語塾に通っていたとか、樋口一葉は漱石の兄との縁談の話がもちあがっていたとか、人と人がどこかで繋がっていること 漱石オタクによるコミックエッセイ。漱石とお札の話から始まる。新渡戸稲造は漱石よ5才上で同じ英語塾に通っていたとか、樋口一葉は漱石の兄との縁談の話がもちあがっていたとか、人と人がどこかで繋がっていることを感じられる。漱石はあばたを気にしていて若い頃に自虐ペンネーム「平凸凹」を使っていたとか、芸術方面に色々うるさいのに音楽会は寺田寅彦と行かないとよく分からなかったとか、作者は漱石の知らない一面を書簡などを頼りに教えてくれる。森鴎外が食べていた、割ったお饅頭をご飯に載せて煎茶をかける饅頭茶漬けが気になる。 …続きを読む
    べる
    2020年12月30日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品