新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年05月16日
商品形態:
電子書籍

新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺

  • 著者 柳田 国男
発売日:
2013年05月16日
商品形態:
電子書籍

日本の民俗学の原点を知る必読の物語

現在の岩手県遠野市は、以前は山にかこまれた山間隔絶の小天地だった。民間伝承の宝庫でもあった遠野郷で聞き集め、整理した数々の物語集。日本民俗学に多大な影響を与えた名作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 集英社文庫の遠野物語は、現代かなづかい、ルビなど、現在の学生にも読みやすいようにという工夫がある。角川の新版は、初版:折口信夫、改版:大藤時彦、新版:鶴見太郎と3種類の解説があり、理解の助けになる。角 集英社文庫の遠野物語は、現代かなづかい、ルビなど、現在の学生にも読みやすいようにという工夫がある。角川の新版は、初版:折口信夫、改版:大藤時彦、新版:鶴見太郎と3種類の解説があり、理解の助けになる。角川ソフィア文庫で、徒然草、方丈記のように、現代文の意訳を最初にあげ、原文を後から付記する方式だと嬉しい。他の参考資料を読んだらまた戻ってこよう。拾遺編集は鈴木棠三、年譜、索引あり。佐々木鏡石が連名になっていない理由不明。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月09日
    136人がナイス!しています
  • 古き良き日本がここにはあるような気がしました。民間伝承の宝庫である遠野。天狗、河童、動物、幽霊、人間、雄大な自然が紡ぐ伝説や怪異譚は、豊かな暮らしを伝えるもののように感じます。中にはゾッとするものもあ 古き良き日本がここにはあるような気がしました。民間伝承の宝庫である遠野。天狗、河童、動物、幽霊、人間、雄大な自然が紡ぐ伝説や怪異譚は、豊かな暮らしを伝えるもののように感じます。中にはゾッとするものもあるけれど、美しい日本ならではの姿がありました。かつて自然や妖怪、八百万の神と共存してきたことを思い起こさせます。 …続きを読む
    優希
    2016年06月10日
    110人がナイス!しています
  • 著者が知人より聞いた遠野にまつわる奇談、およびその続編を収録したフィールドワーク本。編集された時代背景のため当時この本を文学的存在として昇華させようとする文壇の魂胆が文章から見え隠れするのですが、そん 著者が知人より聞いた遠野にまつわる奇談、およびその続編を収録したフィールドワーク本。編集された時代背景のため当時この本を文学的存在として昇華させようとする文壇の魂胆が文章から見え隠れするのですが、そんな小難しいものでなくこれは純粋に大衆向けに編纂された怪談本の元祖と思いました。続編以外は旧仮名遣いなので少し読みにくいですが、内容は非常に興味深いものばかりで楽しめました。日本昔ばなしなどを彷彿とさせる短編集。という観点もできて面白かったですね。 …続きを読む
    ねりわさび
    2021年09月16日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品