新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年05月16日
商品形態:
電子書籍

新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺

  • 著者 柳田 国男
発売日:
2013年05月16日
商品形態:
電子書籍

日本の民俗学の原点を知る必読の物語

現在の岩手県遠野市は、以前は山にかこまれた山間隔絶の小天地だった。民間伝承の宝庫でもあった遠野郷で聞き集め、整理した数々の物語集。日本民俗学に多大な影響を与えた名作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 集英社文庫の遠野物語は、現代かなづかい、ルビなど、現在の学生にも読みやすいようにという工夫がある。角川の新版は、初版:折口信夫、改版:大藤時彦、新版:鶴見太郎と3種類の解説があり、理解の助けになる。角 集英社文庫の遠野物語は、現代かなづかい、ルビなど、現在の学生にも読みやすいようにという工夫がある。角川の新版は、初版:折口信夫、改版:大藤時彦、新版:鶴見太郎と3種類の解説があり、理解の助けになる。角川ソフィア文庫で、徒然草、方丈記のように、現代文の意訳を最初にあげ、原文を後から付記する方式だと嬉しい。他の参考資料を読んだらまた戻ってこよう。拾遺編集は鈴木棠三、年譜、索引あり。佐々木鏡石が連名になっていない理由不明。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月09日
    134人がナイス!しています
  • 古き良き日本がここにはあるような気がしました。民間伝承の宝庫である遠野。天狗、河童、動物、幽霊、人間、雄大な自然が紡ぐ伝説や怪異譚は、豊かな暮らしを伝えるもののように感じます。中にはゾッとするものもあ 古き良き日本がここにはあるような気がしました。民間伝承の宝庫である遠野。天狗、河童、動物、幽霊、人間、雄大な自然が紡ぐ伝説や怪異譚は、豊かな暮らしを伝えるもののように感じます。中にはゾッとするものもあるけれど、美しい日本ならではの姿がありました。かつて自然や妖怪、八百万の神と共存してきたことを思い起こさせます。 …続きを読む
    優希
    2016年06月10日
    110人がナイス!しています
  • 正に 怪談物の原本だと思う。柳田國男は民俗学の先駆けです。この岩手県遠野の伝承話は 自分が集めた物と 当時遠野に住んでいた作家の佐々木喜善の協力を得てまず「遠野物語」を そして数年後「遠野物語拾遺」と 正に 怪談物の原本だと思う。柳田國男は民俗学の先駆けです。この岩手県遠野の伝承話は 自分が集めた物と 当時遠野に住んでいた作家の佐々木喜善の協力を得てまず「遠野物語」を そして数年後「遠野物語拾遺」として纏め上げた。一番有名なのが 座敷わらしです( ◠‿◠ )でも 読んでみると 座敷わらしといっても まぁ何人もいる、、、笑そして伝承されている話には どこの某とか つい数年前まで生きていた人の証言だとか 真実味溢れる奇妙な話(笑)でも その奇妙な伝承を信じ 避けるべき災いを避ける縁として人々が生きています …続きを読む
    おか
    2018年05月15日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品