試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043653010

新耳袋 第一夜 現代百物語

  • 著者 木原 浩勝
  • 著者 中山 市朗
  • デザイン 祖父江 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043653010

読み終わったとき、あなたに何かが起きる・・・。

百話を完結させると怪しいことが起こると語り継がれる「百物語」。自ら蒐集した怪異現象の数々によって「百物語」のスタイルを現代によみがえらせ、一大怪談ブームの火付け役となった稀代の怪談実話集!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新耳袋 第一夜 現代百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前から読んでみたいと思っていた怪談集。様々な種類の怪談が収録されており、夢中になって読める。個人的に特に怖いと思ったのは第三章の「車や路上に出るものの十三の話」。夜道やトンネルを走るのが恐ろしくなる。 前から読んでみたいと思っていた怪談集。様々な種類の怪談が収録されており、夢中になって読める。個人的に特に怖いと思ったのは第三章の「車や路上に出るものの十三の話」。夜道やトンネルを走るのが恐ろしくなる。トンネルの中は得体のしれないものが、巣食いやすいのだろうか。それほど怖くはないが不思議な話も多く収められており、そのタイプが一番の好みだった。修学旅行で泊まった旅館で出会った子供とか雪の日の都会の不思議、月が二つ出る山の話など、日常生活にふと顔を出す不思議な世界が印象に残る。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2018年07月05日
    117人がナイス!しています
  • 読友さんのレビューで知っていた本 たまたま図書館の返却棚で見つけちゃいました、、、第十夜迄有るんです、、、(点々の意味は 多分解って頂けるかと 笑)本当にあった怖いお話の文章版です。色々な人々からの聞 読友さんのレビューで知っていた本 たまたま図書館の返却棚で見つけちゃいました、、、第十夜迄有るんです、、、(点々の意味は 多分解って頂けるかと 笑)本当にあった怖いお話の文章版です。色々な人々からの聞き語りで 怖いことは怖いですが それでも 震え上がるって事は無かったかな^_^怖かったのは 京極さんの序文?百物語ってうたっているのですが 99話しか無いんです その理由は 「あなたの棲むその世界を勘定にいれれば、、、」って事です。さぁ 十夜目指して 読み進めますか 笑 …続きを読む
    おか
    2018年11月02日
    77人がナイス!しています
  • 各章ごとが、とても短いのでかるい読み物としては最適。内容自体は、とくに怖い話はない(個人的な感想)が、この本は、一晩で一気に読めてしまうことのほうが怖いと思う(果たして内容が金額と釣り合うかどうか…… 各章ごとが、とても短いのでかるい読み物としては最適。内容自体は、とくに怖い話はない(個人的な感想)が、この本は、一晩で一気に読めてしまうことのほうが怖いと思う(果たして内容が金額と釣り合うかどうか…… などなど。これも私的な感想です。木原先生、中山先生、ゴメンナサイです!)。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2015年07月22日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品