試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043653027

新耳袋 第二夜 現代百物語

  • 著者 木原 浩勝
  • 著者 中山 市朗
  • デザイン 祖父江 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043653027

恐怖に震え、おののく夜をふたたび・・・。

古来より百話を完結させると怪しいことが起こるを語り継がれる「百物語」。現代を代表する怪異蒐集家、木原・中山両氏が全国津々浦々から命懸けで取材した怪異現象を収録した稀代の怪談実話集!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新耳袋 第二夜 現代百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やはり手軽な読みものとして最適な一冊。短い章立てによる構成なので、一気に読めてしまうのだ。内容自体もとくに怖さを感じることもないし、だからといって、一晩で読んでしまったとしても、怪異が起こるわけではな やはり手軽な読みものとして最適な一冊。短い章立てによる構成なので、一気に読めてしまうのだ。内容自体もとくに怖さを感じることもないし、だからといって、一晩で読んでしまったとしても、怪異が起こるわけではない。この手の類の怪談物語の読みものとしては、後味が良さを感じる作品ではないだろうか。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2015年10月12日
    64人がナイス!しています
  • 夏が来たのでホラーを読んでみた第6段。 シリーズ第2段。 今回も実際の体験談を99話取りまとめた怪談集。 どなたかのレビューにもあったが京極夏彦先生のまえがきが秀逸。 夏が来たのでホラーを読んでみた第6段。 シリーズ第2段。 今回も実際の体験談を99話取りまとめた怪談集。 どなたかのレビューにもあったが京極夏彦先生のまえがきが秀逸。
    急いで突厥
    2015年08月10日
    29人がナイス!しています
  • 新耳袋全10冊の中で一番印象に残っている話が第七十九話の「うずくまるもの」。どのような容姿をしているのか気になる。 新耳袋全10冊の中で一番印象に残っている話が第七十九話の「うずくまるもの」。どのような容姿をしているのか気になる。
    じゅんぢ
    2019年09月17日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品