試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1966年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001097

関連作品有り

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1966年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001097

かつての親友の妻とひっそり暮らす宗助。他人の犠牲の上に勝利した愛は、罪の苦しみに変わっていた。宗助は禅寺の山門をたたき、安心と悟りを得ようとするが。求道者としての漱石の面目を示す前期三部作終曲。

メディアミックス情報

NEWS

「門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「三四郎」「それから」「門」は、三部作と言われている。それぞれの主人公達は、生きるという単純な事象について、あたかも逡巡するかの如くに映る。懐疑の沼にはまってしまった人の様でもある。三四郎の与次郎、そ 「三四郎」「それから」「門」は、三部作と言われている。それぞれの主人公達は、生きるという単純な事象について、あたかも逡巡するかの如くに映る。懐疑の沼にはまってしまった人の様でもある。三四郎の与次郎、それからの父、門の宜道という登場人物に比して、彼らは目的に直線的になれない。年譜では、「門」発表当時の漱石は、沢山の子と門下生に囲まれながらも、神経性の胃病に苦しんでいる。逆説的ではあるけれど、幸せであればあるほど不幸にならざる得ない。文学はもしかすると、漱石の過敏な精神を癒す心のオアシスでもあったのだろうか。 …続きを読む
    高橋 橘苑
    2015年10月03日
    19人がナイス!しています
  • 宗助夫婦のやり取りを眺めてるだけでも十分面白かったのだが、途中から雲行きが妖しくなる。ハッキリせずもどかしさが残るが、ある意味ではそれがリアルなのだ。ただ自分としては宗助とお米のやり取りだけで十分満足 宗助夫婦のやり取りを眺めてるだけでも十分面白かったのだが、途中から雲行きが妖しくなる。ハッキリせずもどかしさが残るが、ある意味ではそれがリアルなのだ。ただ自分としては宗助とお米のやり取りだけで十分満足だ。そこから物語が生み出されていくが、普通に二人、火鉢を挟んでぽつぽつと言葉を交わす姿だけで、もうお腹いっぱいありがとうございました。 …続きを読む
    たかぼー(人身御供)
    2013年02月19日
    14人がナイス!しています
  • また…どうして手ぬぐい柄の装丁のがないのよ!仕方ないから同じ角川で登録。『三四郎』『それから』そしてこの『門』。テーマは恋愛。経済的に不自由でいて、こう希望もなく暮らしていけるものだろうか。野心がなけ また…どうして手ぬぐい柄の装丁のがないのよ!仕方ないから同じ角川で登録。『三四郎』『それから』そしてこの『門』。テーマは恋愛。経済的に不自由でいて、こう希望もなく暮らしていけるものだろうか。野心がなければ苦しむこともなく、足るを知り二人で居れば満足…するしかない、という諦観がなんとも。なんか…事故に遭ったような、嵐のような恋だね。その償い?でもそんなに悪いことだったのかなと思った。動揺のあまり禅寺に入門する宗助。しかし門は開かれなかったのだ。 …続きを読む
    Tomoko.H
    2017年01月06日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品