ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる

ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年07月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041136737
label

ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる

  • 著者 櫛木 理宇
  • イラスト ヤマウチ シズ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年07月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041136737

黒い影に取り憑かれた人たちの事件の真相にオカ研メンバーが挑む!

オカ研メンバーの八神森司が迎えた今年のバレンタインデイ。長年の想い人こと、意中の乙女・灘こよみから、「二月十四日は頑張ります。八神先輩、覚悟してください」と言われたのだ! 灘こよみの今年のバレンタイン計画。それは県内でもっとも有名なショコラトリー&カフェ『KUKKA』にて、森司と二人きりで夜を過ごすことであった。ところが、『KUKKA』は無期限の休業を発表。その背景には怪現象が絡んでいた。ことの発端はエレベーターの防犯カメラ映像に映る「ぼんやりと人のかたちをした、薄黒い影」から始まった――。果たしてこよみのバレンタインの行方はいかに?(「第一話 ショコラな恋人たち」)。ほか、元銀行員の老人が黒い影の怪異に取り憑かれる「第二話 あなたのマグネット」、神隠し伝説が多い地元で約50年前、恋人と山に入り、記憶を失い一人帰ってきた伯父の事件の真相を追う「第三話 かどわかしの山」を収録。黒い影ーーそれは執着。恋愛、お金、妊娠、出産などで苦しめられた浮かばれない者たちの思いが黒い影と化し……。エスカレートする霊障に立ち向かう、オカ研メンバーの推理が冴える青春オカルトミステリー オカ研メンバーの八神森司が迎えた今年のバレンタインデイ。長年の想い人こと、意中の乙女・灘こよみから、「二月十四日は頑張ります。八神先輩、覚悟してください」と言われたのだ! 灘こよみの今年のバレンタイン計画。それは県内でもっとも有名なショコラトリー&カフェ『KUKKA』にて、森司と二人きりで夜を過ごすことであった。ところが、『KUKKA』は無期限の休業を発表。その背景には怪現象が絡んでいた。ことの発端はエレベーターの防犯カメラ映像に映る「ぼんやりと人のかたちをした、薄黒い影」から始まった――。果たしてこよみのバレンタインの行方はいかに?(「第一話 ショコラな恋人たち」)。ほか、元銀行員の老人が黒い影の怪異に取り憑かれる「第二話 あなたのマグネット」、神隠し伝説が多い地元で約50年前、恋人と山に入り、記憶を失い一人帰ってきた伯父の事件の真相を追う「第三話 かどわかしの山」を収録。黒い影ーーそれは執着。恋愛、お金、妊娠、出産などで苦しめられた浮かばれない者たちの思いが黒い影と化し……。エスカレートする霊障に立ち向かう、オカ研メンバーの推理が冴える青春オカルトミステリー

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一話 ショコラな恋人たち
第二話 あなたのマグネット
第三話 かどわかしの山
エピローグ

同じシリーズの作品

「ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回はサブタイトル通り黒い影ばかりのネタでしたが、それよりも主人公達のバカップルぶりが可愛らしい(笑)皆にあれほど応援されての進展、やっとそこまできたか( ̄ー ̄) 今回はサブタイトル通り黒い影ばかりのネタでしたが、それよりも主人公達のバカップルぶりが可愛らしい(笑)皆にあれほど応援されての進展、やっとそこまできたか( ̄ー ̄)
    あっちゃん
    2023年11月09日
    44人がナイス!しています
  • 森司も就職するんかー。だったらなおさら今のうちに距離を詰めていかねばならぬのではあるまいか?ホラー部分は、ほとんど怖くなく「自業自得でんがな」に尽きるかな。とにかく森司とこよみに関しては周囲も「ゆっく 森司も就職するんかー。だったらなおさら今のうちに距離を詰めていかねばならぬのではあるまいか?ホラー部分は、ほとんど怖くなく「自業自得でんがな」に尽きるかな。とにかく森司とこよみに関しては周囲も「ゆっくりでいいよ」みたいに言ってるけど。もういい加減、決着つけようぜ。でも終わるのは寂しいなぁ。( ゚д゚)ハッ!リュウネンシタラエエネン…土下座行脚も却下され、リュウネン。ほくそえむオカ研のメンバー。 …続きを読む
    のりすけ
    2024年03月17日
    41人がナイス!しています
  • ホラー文庫から出版されているけれど、怖くはなかった。ただ、魔とかあやかしというのは、人間の隙や、欲や恨みや妬みなどの感情につけこんでくるのだろうな、と思った。後味が良くない話ばかりだったけれど、森司と ホラー文庫から出版されているけれど、怖くはなかった。ただ、魔とかあやかしというのは、人間の隙や、欲や恨みや妬みなどの感情につけこんでくるのだろうな、と思った。後味が良くない話ばかりだったけれど、森司とこよみの仲が進展していく過程にはほっこりした。 …続きを読む
    とろこ
    2024年04月11日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品