角川ホラー文庫

侵蝕 壊される家族の記録

大ヒット!『ホーンテッド・キャンパス』の著者が紡ぐ、戦慄のミステリ-!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041043363
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

侵蝕 壊される家族の記録

大ヒット!『ホーンテッド・キャンパス』の著者が紡ぐ、戦慄のミステリ-!

  • 著者 櫛木 理宇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041043363

大ヒット!『ホーンテッド・キャンパス』の著者が紡ぐ、戦慄のミステリ-!

ねえ。
このうちって、とてもいいおうちよね。
――わたしの、理想のおうちだわ。

皆川美海は平凡な高校生だった。あの女が、現れるまでは……。
幼い弟の事故死以来、沈んだ空気に満ちていた皆川家の玄関に、
弟と同じ名前の少年が訪れた。
行き場のない彼を、美海の母は家に入れてしまう。
後日、白ずくめの衣裳に厚塗りの化粧をした異様な女が現れる。
彼女は少年の母だと言い、皆川家に“寄生”し始め……。

洗脳され壊れてゆく家族の姿におののく美海。
恐怖の果てに彼女を待つ驚きの結末とは……。

恐ろしくて、やがて切ない、
大人気シリーズ『ホーンテッド・キャンパス』著者による傑作ミステリ!

(単行本『寄居虫女』改題)

 

おすすめコメント

不気味で妙に生温かく、限りなくおぞましい。巣を乗っ取られ、幼虫を食い尽くされる雀蜂の悲哀を思う。これに比べれば、サイコホラーは爽やかだろう。
―― 貴志祐介氏

身につまされる生々しさ。お父さんの気持ちがわかりすぎて怖い!
―― 大森望氏(書評家・文芸評論家)

とても残酷で愛おしい物語にのめり込んで、気づいたら自分もその家の中にいた。
―― 三部けい氏(漫画家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「侵蝕 壊される家族の記録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まずまず。北九州監禁殺人を題材にした作品はいくつか読んできましたが、誉田作品や新堂作品やウシジマ君と違い、もう少しミステリ寄りな作品。家族の崩壊に至る過程や、裏切りあいの凄惨さに重点をおく前述作品と比 まずまず。北九州監禁殺人を題材にした作品はいくつか読んできましたが、誉田作品や新堂作品やウシジマ君と違い、もう少しミステリ寄りな作品。家族の崩壊に至る過程や、裏切りあいの凄惨さに重点をおく前述作品と比較して、良くも悪くもマイルド。他の作品でも繰り広げられるような拷問シーンなんかは、私個人としてはもうお腹一杯で飽き飽きなので、その点は良い感じで話が進んでくれた。葉月の設定に無理があるのと、圭介のキャラや行動がブレブレなのは少し気になった。このモチーフを使って書かれた作品にはもう新しい興奮は期待出来ないかな。 …続きを読む
    W-G
    2016年07月04日
    122人がナイス!しています
  • ホラー文庫なのだけれど超常的なものではなくサイコホラー・・・というよりはフィクションの形をとって実際の事件をなぞった作品ですね。犯罪史のなかでももっとも悪質なたぐいの、虐待と洗脳によって家族同士に殺し ホラー文庫なのだけれど超常的なものではなくサイコホラー・・・というよりはフィクションの形をとって実際の事件をなぞった作品ですね。犯罪史のなかでももっとも悪質なたぐいの、虐待と洗脳によって家族同士に殺し合いをさせた北九州監禁殺人事件や尼崎連続変死事件で使われた手法をほぼそのままで物語にしているので、単純に小説として割り切って読めないぐらいにはやるせない。物語としては犠牲はあっても解決する結末となっていますが、現実の事件の結末を考えるとこの作品に関しては良しとも悪しとも評価はしかねますね。 …続きを読む
    おかむー
    2016年08月21日
    100人がナイス!しています
  • 不在気味な父、溺愛の長男が亡くなり情緒不安定な母、真面目な長女、家族から孤立してる次女、我がままな三女の皆川家の元に弟と同じ名前の朋巳が迷い込んできた。そして後に顔を真っ白に塗りたくり、フリルのワンピ 不在気味な父、溺愛の長男が亡くなり情緒不安定な母、真面目な長女、家族から孤立してる次女、我がままな三女の皆川家の元に弟と同じ名前の朋巳が迷い込んできた。そして後に顔を真っ白に塗りたくり、フリルのワンピースに長手袋をはめた朋巳の母葉月と彼女の弟圭介が皆川家に居候することになってから家族が壊されていく。睡眠不足、マインドコントロール、崇拝。家族同士憎しみ合うように仕向けられる。人ってこんなに簡単に崩壊してしまうことに恐怖におののく。一方、葉月に家族を崩壊され行方不明の弟を探すべく兄が動く。予想だにしなかった→ …続きを読む
    りゅう☆
    2018年08月09日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

とても怖ろしい物語だった。実際に同じような事件が起きているという否定できないリアリティがあり、より身近な恐怖を感じた。読み進めるうちに加害者、被害者とはなんだろうと考えさせられた。終盤は複雑なパズルのピースが収まっていくのが目に見えるようで見事であった。(920さん)

どうなってしまうのか先が気になって一気読みでした。被害者が加害者になってしまうのが本当に怖かった。読んでて辛かったです。ちょっとした事で家族ってバラバラになってしまうんだなぁ。生きている人間が一番怖いと思わされた作品です。(泉水さん)

実際の事件を彷彿とさせて、とても恐怖を感じました。マインドコントロールの恐ろしさがひしひしと感じられます。人間とはここまで冷酷になれるものなのかと思うと小説の中だけのことであってほしいと切に願います。(くぼちゃんさん)

最近チェックした商品