試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784041092958

虜囚の犬

  • 著者 櫛木 理宇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784041092958

残酷でおぞましい事件に隠された真実とは。衝撃的結末に、撃ちぬかれる。

穏やかな日常を送る、元家裁調査官の白石洛(しらいし らく)は、
友人で刑事の和井田(わいだ)から、
ある事件の相談を持ち掛けられる。
白石がかつて担当した少年、薩摩治郎(さつまじろう)。
7年後の今、彼が安ホテルで死体となって発見されたという。
しかし警察が治郎の自宅を訪ねると、そこには鎖につながれ、やせ細った女性の姿が。
なんと治郎は女性たちを監禁、虐待し、
その死後は「肉」として他の女性に与えていたという。
かつての治郎について聞かれた白石は、
「ぼくは、犬だ」と繰り返していた少年時代の彼を思い出し、
気が進まないながらも調査を開始する。
史上最悪の監禁犯を殺したのは、誰? 
戦慄のサスペンスミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「虜囚の犬」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 序文から得意な感じではないな・・・とサラっと読むつもりだった。がすぐに惹き込まれ先へ先へと気持ちが逸る。 見えている様で何かが違う。真相が知りたいから深層を知りたいという気持ちになり、ページめくる手が 序文から得意な感じではないな・・・とサラっと読むつもりだった。がすぐに惹き込まれ先へ先へと気持ちが逸る。 見えている様で何かが違う。真相が知りたいから深層を知りたいという気持ちになり、ページめくる手が止まらない。 最後まで目が離せない美しく恐ろしい闇に先はあるのか。 …続きを読む
    coco
    2020年06月22日
    1人がナイス!しています
  • 元家裁調査官の元へ友人の警察官より調査官時代の担当者の殺人事件の一報を聞くそれは猟奇的事件の一部分であり思わず引き込まれページが進む。 元家裁調査官の元へ友人の警察官より調査官時代の担当者の殺人事件の一報を聞くそれは猟奇的事件の一部分であり思わず引き込まれページが進む。
    成増のヨッシー
    2020年06月08日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品