209号室には知らない子供がいる

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年12月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041043424

209号室には知らない子供がいる

  • 著者 櫛木 理宇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年12月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041043424

209号室の葵は、ほら、あなたのすぐ側に。人気作家が描くホラーミステリ

リバーサイドに建つ瀟洒なマンション。
209号室には、少年「あおい」が住んでいる……。

やりがいのある仕事を辞め、専業主婦となった菜穂。
夫は家のことは何一つせず、気が向けば子供の遊び相手になる程度。
「これじゃまるで大きな子供ね」といらだちが募っていたある日、
209号室に住む「葵」という名の美少年が現れる。
葵は息子の遊び相手を務め、ありがたく思う菜穂だったが、次第に夫までもが子供のような奇妙な振る舞いを始め……。
自分の力でマイホームを購入し、理想的な年下夫も手に入れた亜沙子。
妻と死別した、憧れの上司と結婚した千晶。
妹に彼氏を寝取られ、慰謝料をもらって新たな人生を踏み出した和葉……。
一見「ちゃんとして」見える女たちは、しずかに歪み、壊れていく。
……209号室の少年、葵によって。
そして、209号室のオーナー、羽美の周りでも奇怪な出来事が起き始め……。
これは呪いか、人災か。女の業が交差する、ホラーミステリ決定版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「209号室には知らない子供がいる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 櫛木理宇だから心して読み始めた。連作短編5話。どの話も葵という少年にイヤ~な感じで振り回される。何故?どう考えたって、住人達どこかで話をすり合わせてよ!と思ったのは私だけではないだろう。怖いよ、怖い。 櫛木理宇だから心して読み始めた。連作短編5話。どの話も葵という少年にイヤ~な感じで振り回される。何故?どう考えたって、住人達どこかで話をすり合わせてよ!と思ったのは私だけではないだろう。怖いよ、怖い。こういうには気を付けて読まなければページを捲る度に自分の心の闇に忍び込んで来そうだから厄介だ。やっぱり櫛木理宇、今後も要注意だ! …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年01月13日
    211人がナイス!しています
  • そうとは意識していなくても、人は心のどこかに寂しさを抱えていると思う。寂しさは時に、不満という形で現れたり、怒りという形で現れたりする。そういう心の奥底にある寂しさを意識した時、人には隙間ができてしま そうとは意識していなくても、人は心のどこかに寂しさを抱えていると思う。寂しさは時に、不満という形で現れたり、怒りという形で現れたりする。そういう心の奥底にある寂しさを意識した時、人には隙間ができてしまうのだと思う。ほんの少し何かが噛み合わなくなって、気付いた時にはもう、いつもの日々には戻れない。そうなったのは「葵」という子どもの呪いか、それとも周りの人間による人災なのか。大人になりきれない夫や姑の隙間に入り込んだ魔、訳もわからず振り回され崩壊してゆく妻。幽霊とか怨念とか関係なく、ありそうな理不尽だと思う。 …続きを読む
    風眠
    2018年03月07日
    178人がナイス!しています
  • 口煩い母親として子供と夫から理不尽に疎外される主婦、お嬢様育ちの義母の尋常でない振る舞いに頭を悩ませる嫁、亡き前妻の影と継息子の態度に怯え悩む新妻、身勝手で馬鹿な妹と妹贔屓の母親から常に理不尽な仕打ち 口煩い母親として子供と夫から理不尽に疎外される主婦、お嬢様育ちの義母の尋常でない振る舞いに頭を悩ませる嫁、亡き前妻の影と継息子の態度に怯え悩む新妻、身勝手で馬鹿な妹と妹贔屓の母親から常に理不尽な仕打ちを受ける姉。そしてタワーマンションに住む彼女らの前に現れ、知らぬ間に家族に入り込む、209号室の住人だという謎の少年。不穏な空気を散りばめながら、眉をしかめるイヤミスが、肝を冷やすホラーへ豹変する展開は非常に秀逸で、人の心理状態と密接に関係するのであろう怪異の真相に、より恐怖感を煽られる作品だ。面白かった。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2017年02月27日
    178人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品