黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784041120583

黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784041120583

宮部みゆきのライフワーク、語り手を新たに新章スタート!

文字は怖いものだよ。遊びに使っちゃいけない――。江戸は神田にある袋物屋〈三島屋〉は、一風変わった百物語を続けている。これまで聞き手を務めてきた主人の姪“おちか”の嫁入りによって、役目は甘い物好きの次男・富次郎に引き継がれた。三島屋に持ち込まれた謎めいた半天をきっかけに語られたのは、人々を吸い寄せる怪しい屋敷の話だった。読む者の心をとらえて放さない、宮部みゆき流江戸怪談、新章スタート。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 泣きぼくろ
第二話 姑の墓
第三話 同行二人
第四話 黒武御神火御殿
解説 小松和彦

メディアミックス情報

NEWS

「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 百物語の聞き手をおちかから交代した富次郎は、話の内容の強度に喰われている感が否めない。おちかも大変な仕事をしていたものだ。物語としては表題作が一番長大で恐ろしい。途中で読むのをやめようか迷ったくらいエ 百物語の聞き手をおちかから交代した富次郎は、話の内容の強度に喰われている感が否めない。おちかも大変な仕事をしていたものだ。物語としては表題作が一番長大で恐ろしい。途中で読むのをやめようか迷ったくらいエグかった。やっとこれで百のうちの三分の一くらいか、先は長い。 …続きを読む
    佐島楓
    2022年07月16日
    64人がナイス!しています
  • 聞き手がおちかから富次郎に代わった新章・変わり百物語。初めは富次郎の幼なじみのお話。ほくろに身を変えた怪異。次には嫁いびりをする姑の怨念。人の業が作り出す恐ろしい話は、表題作で爆発的に結実する。「黒武 聞き手がおちかから富次郎に代わった新章・変わり百物語。初めは富次郎の幼なじみのお話。ほくろに身を変えた怪異。次には嫁いびりをする姑の怨念。人の業が作り出す恐ろしい話は、表題作で爆発的に結実する。「黒武御神火御殿」は、ゆうに一冊の長編になるボリューム。キリシタンの御殿かと思いきや、一神教の神に裏切られたと思い込んだ侍の怨念が作り出したものだった。おちかと富次郎の前に現れたメフィストフェレスのような男が拵えた御殿かと思っていたのだが……それは後の話に出てくるのだろう。 …続きを読む
    saga
    2022年07月02日
    61人がナイス!しています
  • 富次郎坊っちゃんに代わった三島屋・百物語の聴き手。う~ん悪くはないんだけどなぁ。おちかのように背負ったものが無い分、明るく軽い・・・これからの成長に期待しよう。さて訪れた客たちのもたらす怪異は富次郎に 富次郎坊っちゃんに代わった三島屋・百物語の聴き手。う~ん悪くはないんだけどなぁ。おちかのように背負ったものが無い分、明るく軽い・・・これからの成長に期待しよう。さて訪れた客たちのもたらす怪異は富次郎には荷が過ぎるくらいに重い。家族がキーワードになっているからか。最初の二話は家族が滅びる物語だし、三話目は家族を喪った喪失(から立ち直る)の話。そして最後にくる表題作は家族のようになった人々の物語。その後を生き延びた人々の辛さ切なさは流石のストーリーテラー。末尾に今までの小内容が付き、再読意欲を掻き立てられた。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2022年06月18日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品