黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784041120583

黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784041120583

宮部みゆきのライフワーク、語り手を新たに新章スタート!

文字は怖いものだよ。遊びに使っちゃいけない――。江戸は神田にある袋物屋〈三島屋〉は、一風変わった百物語を続けている。これまで聞き手を務めてきた主人の姪“おちか”の嫁入りによって、役目は甘い物好きの次男・富次郎に引き継がれた。三島屋に持ち込まれた謎めいた半天をきっかけに語られたのは、人々を吸い寄せる怪しい屋敷の話だった。読む者の心をとらえて放さない、宮部みゆき流江戸怪談、新章スタート。 文字は怖いものだよ。遊びに使っちゃいけない――。江戸は神田にある袋物屋〈三島屋〉は、一風変わった百物語を続けている。これまで聞き手を務めてきた主人の姪“おちか”の嫁入りによって、役目は甘い物好きの次男・富次郎に引き継がれた。三島屋に持ち込まれた謎めいた半天をきっかけに語られたのは、人々を吸い寄せる怪しい屋敷の話だった。読む者の心をとらえて放さない、宮部みゆき流江戸怪談、新章スタート。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 泣きぼくろ
第二話 姑の墓
第三話 同行二人
第四話 黒武御神火御殿
解説 小松和彦

黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続 が含まれている特集

「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三島屋シリーズ第六巻。抜群に面白い。短編三編、標題作が長編として収録。三島屋の変わり百物語。聞き手がおちかから、従兄の富次郎へ引継がれての初作。粒揃いの作品で構成される。やはり白眉は標題作。札差の三男 三島屋シリーズ第六巻。抜群に面白い。短編三編、標題作が長編として収録。三島屋の変わり百物語。聞き手がおちかから、従兄の富次郎へ引継がれての初作。粒揃いの作品で構成される。やはり白眉は標題作。札差の三男が博打で放蕩する。金策に向かった道中、謎の屋敷に迷い込む。同じく迷い込んだ者が他に五人。何故か帰れぬ状況に加え不可思議な現象が続く。やがて彼等は一様に罪を犯し、屋敷の主に呼ばれたことを知る。罪を告白し悔いた者には死が訪れる。それぞれの罪、人の負の側面に慄く。丹念な描写に筆力を感じる。導入は長いが読ませる力作。 …続きを読む
    yoshida
    2023年01月12日
    111人がナイス!しています
  • おもしろくて…でもチョットこわい! このシリーズ大好きです。 おもしろくて…でもチョットこわい! このシリーズ大好きです。
    2022年07月13日
    92人がナイス!しています
  • シリーズ6。聞き手がおちかから富次郎に替わり、さてどんな語り手が、どんな話がやって来るのか楽しみ半分怖さ半分で読み始めました。怖かった!4話目の表題作では、繰り返し押し寄せてくる恐ろしさに疲れてしまっ シリーズ6。聞き手がおちかから富次郎に替わり、さてどんな語り手が、どんな話がやって来るのか楽しみ半分怖さ半分で読み始めました。怖かった!4話目の表題作では、繰り返し押し寄せてくる恐ろしさに疲れてしまったほど。当然、めでたしめでたしとはいかない結末もやるせないものでした。「おまえの罪を白状せよ」と言われても、それを裁くのはあなたではないと、闇に向かって叫びたくなりました。『同行二人』は恐ろしさより悲しさがこみ上げてきました。誰をも恨めず、自分を責めて生きていく…。でも、それが一番人間らしい生き方だと思います …続きを読む
    ふう
    2022年10月24日
    88人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品