青瓜不動 三島屋変調百物語九之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
464
ISBN:
9784041121603

青瓜不動 三島屋変調百物語九之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
464
ISBN:
9784041121603

おちか、ついに母となる。宮部みゆきのライフワーク、待望の第九弾!

行く当てのない女達のため土から生まれた不動明王。悲劇に見舞われた少女の執念が生んだ家族を守る人形。描きたいものを自在に描ける不思議な筆。そして、人ならざる者たちの里で育った者が語る物語。
恐ろしくも暖かい百物語に心を動かされ、富次郎は決意を固める──。
行く当てのない女達のため土から生まれた不動明王。悲劇に見舞われた少女の執念が生んだ家族を守る人形。描きたいものを自在に描ける不思議な筆。そして、人ならざる者たちの里で育った者が語る物語。
恐ろしくも暖かい百物語に心を動かされ、富次郎は決意を固める──。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「青瓜不動 三島屋変調百物語九之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。三島屋変調百物語シリーズも読み続けて9作目となりました。本巻は、おちかの愛娘 小梅誕生の巻でした。今回は中編3話+短編1話、百話までは、まだまだ遠い 宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。三島屋変調百物語シリーズも読み続けて9作目となりました。本巻は、おちかの愛娘 小梅誕生の巻でした。今回は中編3話+短編1話、百話までは、まだまだ遠い道程です。オススメは、『だんだん人形』です。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/10228/ …続きを読む
    starbro
    2023年08月17日
    361人がナイス!しています
  • 公明新聞2021年8月2日〜2022年7月30日連載のものに加筆修正し、2023年7月角川書店刊。シリーズ9作目。青瓜不動 、だんだん人形、自在の筆、針雨の里、の4つの連作ホラー。いずれも怖いところのある話ばかりだが、救 公明新聞2021年8月2日〜2022年7月30日連載のものに加筆修正し、2023年7月角川書店刊。シリーズ9作目。青瓜不動 、だんだん人形、自在の筆、針雨の里、の4つの連作ホラー。いずれも怖いところのある話ばかりだが、救いや、幻想的な部分もあり、面白い。だんだん人形には、話が語り伝えられたそのものの理由に救いが潜んでいるのが興味深い。 …続きを読む
    ひさか
    2023年09月26日
    240人がナイス!しています
  • 宮部さんの「三島屋」シリーズの9作目です。聞き手の富次郎の前任のおちかが子供を産む前後の4つの話が収められています。三島屋の跡継ぎが帰ってきて、このシリーズも続くか心配している富次郎ですが話は続きます。 宮部さんの「三島屋」シリーズの9作目です。聞き手の富次郎の前任のおちかが子供を産む前後の4つの話が収められています。三島屋の跡継ぎが帰ってきて、このシリーズも続くか心配している富次郎ですが話は続きます。やはりこの表題作が一番印象に残りました。青瓜という植物がその土地の金気を吸い取ってくれて不毛な土地を作物ができるようにしてくれて、ということですがそれにからむ人間模様が中心となっています。今回はほかの作品も何かを作り上げるということが中心になっている感じで楽しめました。 …続きを読む
    KAZOO
    2023年08月28日
    217人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品