よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
528
ISBN:
9784041121597

よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
528
ISBN:
9784041121597

生と死の狭間で語られる、一度きりの百物語 ――三島屋シリーズ第八弾

江戸は神田三島町にある袋物屋の三島屋は、風変わりな百物語をしていることで知られている。
語り手一人に聞き手も一人、話はけっして外には漏らさず、「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」これが三島屋の変わり百物語の趣向である。
従姉妹のおちかから聞き手を受け継いだ三島屋の「小旦那」こと富次郎は、おちかの出産を控える中で障りがあってはならないと、しばらく百物語をお休みすることに決める。
休止前の最後の語り手は、商人風の老人と目の見えない彼の妻だった。老人はかつて暮らした村でおきた「ひとでなし」にまつわる顛末を語りだす――。
江戸は神田三島町にある袋物屋の三島屋は、風変わりな百物語をしていることで知られている。
語り手一人に聞き手も一人、話はけっして外には漏らさず、「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」これが三島屋の変わり百物語の趣向である。
従姉妹のおちかから聞き手を受け継いだ三島屋の「小旦那」こと富次郎は、おちかの出産を控える中で障りがあってはならないと、しばらく百物語をお休みすることに決める。
休止前の最後の語り手は、商人風の老人と目の見えない彼の妻だった。老人はかつて暮らした村でおきた「ひとでなし」にまつわる顛末を語りだす――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

【お詫びと訂正】

『よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続』に関して、編集上の削除漏れの誤植がございました。
深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り訂正させていただきます。

p110
【誤】 餅太郎は笑顔を満開にして、鼻をくんくんさせながら弥生を振り返った。
【正】 餅太郎は鼻をくんくんいわせて、弥生を振り返った。

今後とも「三島屋」シリーズをよろしくお願い申し上げます。


「よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。三島屋変調百物語シリーズも読み続けて8作目となりました。今回は中編3話、百話までは、まだまだ遠い道程です。オススメは、『賽子と虻』です。 https://k 宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。三島屋変調百物語シリーズも読み続けて8作目となりました。今回は中編3話、百話までは、まだまだ遠い道程です。オススメは、『賽子と虻』です。 https://kadobun.jp/special/miyabe-miyuki/mishimaya/?_gl=1*nmwho6*_ga*MTY2MTk3NjU2LjE2NDcyNjY0NTU.*_ga_H02HL8LWS9*MTY2MTg2NTA1NS4xOC4wLjE2NjE4NjUwNTYuNTkuMC4w …続きを読む
    starbro
    2022年08月30日
    474人がナイス!しています
  • 怖かったけど面白かった〜。「きたきた」も面白いけど、やはりこのシリーズも面白い。さすが宮部さん。「賽子と虻」も面白かったけど、やはり表題作がすごかった。怖かった。怖いから先が気になるんだけど読み進める 怖かったけど面白かった〜。「きたきた」も面白いけど、やはりこのシリーズも面白い。さすが宮部さん。「賽子と虻」も面白かったけど、やはり表題作がすごかった。怖かった。怖いから先が気になるんだけど読み進めるのが怖い。でも先が気になると結局後半は一気に読んだ。次は一体どんな話が持ち込まれるのか。一休みは、あまり長くありませんように。 …続きを読む
    くりきんとん99
    2022年08月06日
    308人がナイス!しています
  • 学芸通信社配信から神戸新聞他新聞6紙に2020年7月〜2022年2月に渡り掲載されたものに加筆修正し、2022年7月角川書店刊。賽子と虻、土鍋女房、よって件のごとし、の3編を収録。三好愛さんの挿絵が楽しい。なんと言っ 学芸通信社配信から神戸新聞他新聞6紙に2020年7月〜2022年2月に渡り掲載されたものに加筆修正し、2022年7月角川書店刊。賽子と虻、土鍋女房、よって件のごとし、の3編を収録。三好愛さんの挿絵が楽しい。なんと言っても、賽子と虻が三島屋変調百物語枠を大きく超えるほどの出来で秀逸。神さまの世界の成立ちとことわり、そしてその終焉までが興味深く面白く書かれ、はらはらドキドキと謎で、とても楽しめました。 …続きを読む
    ひさか
    2022年09月18日
    301人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品