三鬼 三島屋変調百物語四之続

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
672
ISBN:
9784041077610

三鬼 三島屋変調百物語四之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
672
ISBN:
9784041077610

亡者が集う家や食いしん坊の守り神。不思議がいっぱい黒白の間へようこそ。

此度の語り手は山陰の小藩の元江戸家老。彼が山番士として送られた寒村で知った恐ろしい秘密とは!? せつなくて怖いお話が満載! おちかが聞き手をつとめる変わり百物語、「三島屋」シリーズ文庫最新刊!

メディアミックス情報

NEWS

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このシリーズ4冊目です。4つの話が入っていてそれぞれ楽しめました。あまり関係はないのですが、前の3冊の話をすっかり忘れていてこの主人公の女性がどのような感じになってきているのかを知りたい気もしました。 このシリーズ4冊目です。4つの話が入っていてそれぞれ楽しめました。あまり関係はないのですが、前の3冊の話をすっかり忘れていてこの主人公の女性がどのような感じになってきているのかを知りたい気もしました。4つの話は大きな行灯のようなものが霊界とのつながりを持つ、お弁当屋の話し、本の題名となっているもの、老婆のむかしの話をきくのですが・・・・。三鬼が一番印象に残りなぜか読んでいるうちに、「7人の侍」や「姥捨て」というむかしの白黒映画を思い出しました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年06月25日
    172人がナイス!しています
  • 亡き人に会いたいという押さえ難い想い、生き延びるために重ねた罪の深さ、恩と侮蔑の狭間で澱のようにたまった恨み。そんな魂の底から溢れ出した強い感情が、人の世にはあり得ないものとなって立ち現れる。三島屋で 亡き人に会いたいという押さえ難い想い、生き延びるために重ねた罪の深さ、恩と侮蔑の狭間で澱のようにたまった恨み。そんな魂の底から溢れ出した強い感情が、人の世にはあり得ないものとなって立ち現れる。三島屋で語られる物語は、恐ろしく、哀しい。ただ4つの物語のうち、食意地のはったあやかしとの交流を描く「食客ひだる神」だけは、落語のような味わいが楽しい。「断食するぞ」の啖呵には吹き出してしまう。シリーズ4編目では辛い事件で止まっていたおちかの時計が動き出す。新しい登場人物も加わり、物語が走り出す予感。次が待ち遠しい。 …続きを読む
    rico
    2019年10月06日
    115人がナイス!しています
  • シリーズ第四巻、の一冊。今日もまた面妖な話を携えて、語り手が黒白の間にやってくる。今作はどの語りも心の奥深くにもぐりこんでくるような印象だった。ひだる神には可愛いらしさを、三鬼には村の仕来りが生み出し シリーズ第四巻、の一冊。今日もまた面妖な話を携えて、語り手が黒白の間にやってくる。今作はどの語りも心の奥深くにもぐりこんでくるような印象だった。ひだる神には可愛いらしさを、三鬼には村の仕来りが生み出した人の心の闇を存分に見せられた。長い人生、出会いもあれば別れもある。おちかの心と重ね合わせた「おくらさま」は特に心の奥底まで届いてくるほどの味わい。季節はまたひとつ、うつろう。おちかの心もきっとまたひとつ、うつろう。人は語ることで心の重荷を下ろすことができる、それをヒシと感じた巻でもあった。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年11月15日
    103人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品