角川文庫

三鬼 三島屋変調百物語四之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
672
ISBN:
9784041077610

角川文庫

三鬼 三島屋変調百物語四之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
672
ISBN:
9784041077610

亡者が集う家や食いしん坊の守り神。不思議がいっぱい黒白の間へようこそ。

此度の語り手は山陰の小藩の元江戸家老。彼が山番士として送られた寒村で知った恐ろしい秘密とは!? せつなくて怖いお話が満載! おちかが聞き手をつとめる変わり百物語、「三島屋」シリーズ文庫最新刊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • バラエティーに富んでいて、面白かった。貸本屋さんの登場にドキドキ、でもそういう役割なのね・・・。去る者あり加わる者もあり。『三鬼』が一番心に残ったが、鬼を生み出してしまう環境を造ったのは人間、生きてい バラエティーに富んでいて、面白かった。貸本屋さんの登場にドキドキ、でもそういう役割なのね・・・。去る者あり加わる者もあり。『三鬼』が一番心に残ったが、鬼を生み出してしまう環境を造ったのは人間、生きていく事の大変さ辛さは、消せないものなのか。それでも二人の山番士は真っ直ぐ生きようとした、変えられない大きなうねりは存在しても、抗う意志もまた、守り抜けるものなのだろう。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年06月20日
    22人がナイス!しています
  • 待ってましたー😊一気に読めた。やっぱり好きだなぁ。 待ってましたー😊一気に読めた。やっぱり好きだなぁ。
    ♡kana*
    2019年06月19日
    9人がナイス!しています
  • 分厚い。1つのお話が長い。 でも、ヤッパリ面白い。一気に読んでしまった。寝不足。仕事に差し支えそう。でも、満足。 新しいキャラの登場。そして、今までのキャラがいなくなる。物語の中の時間がゆっくり流れて 分厚い。1つのお話が長い。 でも、ヤッパリ面白い。一気に読んでしまった。寝不足。仕事に差し支えそう。でも、満足。 新しいキャラの登場。そして、今までのキャラがいなくなる。物語の中の時間がゆっくり流れているのを感じる。物語の外の時間はメチャクチャ速く流れている。あと78話。生きているうちに読み終えるのかなぁ、という不安(苦笑) …続きを読む
    tm_ab
    2019年06月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品