三鬼 三島屋変調百物語四之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
672
ISBN:
9784041077610

三鬼 三島屋変調百物語四之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
672
ISBN:
9784041077610

亡者が集う家や食いしん坊の守り神。不思議がいっぱい黒白の間へようこそ。

此度の語り手は山陰の小藩の元江戸家老。彼が山番士として送られた寒村で知った恐ろしい秘密とは!? せつなくて怖いお話が満載! おちかが聞き手をつとめる変わり百物語、「三島屋」シリーズ文庫最新刊!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このシリーズ4冊目です。4つの話が入っていてそれぞれ楽しめました。あまり関係はないのですが、前の3冊の話をすっかり忘れていてこの主人公の女性がどのような感じになってきているのかを知りたい気もしました。 このシリーズ4冊目です。4つの話が入っていてそれぞれ楽しめました。あまり関係はないのですが、前の3冊の話をすっかり忘れていてこの主人公の女性がどのような感じになってきているのかを知りたい気もしました。4つの話は大きな行灯のようなものが霊界とのつながりを持つ、お弁当屋の話し、本の題名となっているもの、老婆のむかしの話をきくのですが・・・・。三鬼が一番印象に残りなぜか読んでいるうちに、「7人の侍」や「姥捨て」というむかしの白黒映画を思い出しました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年06月25日
    163人がナイス!しています
  • 宮部氏の時代物を読むと、恐ろしいものはわたしたちのすぐそばにあって、生きた人間の心の闇が作り出すのだとつくづく思います。そして、その闇から人を救い出すのも同じ人間の愛情と知恵だと。今回はつらい経験をし 宮部氏の時代物を読むと、恐ろしいものはわたしたちのすぐそばにあって、生きた人間の心の闇が作り出すのだとつくづく思います。そして、その闇から人を救い出すのも同じ人間の愛情と知恵だと。今回はつらい経験をしたおちかを見守り、おちかの幸せを願ってくれる周りの人々のやさしさに、読んでいるわたしまで温かい気持ちになりました。そんな人が一人でもいてくれれば、誰も亡者や鬼にならなくてすむのに。それにしても宮部作品の念の強さ。読みながらうとうとしている間に、自分の家族が恐ろしいできごとに巻き込まれる夢をみてしまいました。 …続きを読む
    ふう
    2019年07月11日
    85人がナイス!しています
  • おちかに感情移入するところから始まったシリーズなので、まるで彼女の保護者のような気分になって読んでいる。やり取りに余裕が見えたり、にじむ優しさにほろっとしたり。「おくらさま」では、おちかの回復ぶりに安 おちかに感情移入するところから始まったシリーズなので、まるで彼女の保護者のような気分になって読んでいる。やり取りに余裕が見えたり、にじむ優しさにほろっとしたり。「おくらさま」では、おちかの回復ぶりに安心しながらも、新たな幸せを願わずにはいられなかった。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2019年07月06日
    71人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品