泣き童子 三島屋変調百物語参之続

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041039915

泣き童子 三島屋変調百物語参之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041039915

泣きやまぬ赤子の秘密とは…… 江戸怪奇譚集「三島屋」シリーズ第三弾!

おちか一人が聞いては聞き捨てる、変わり百物語が始まって一年。三島屋の黒白の間にやってきたのは、死人のような顔色をしている奇妙な客だった。彼は虫の息の状態で、おちかにある幼子の話を語るのだが……

メディアミックス情報

NEWS

「泣き童子 三島屋変調百物語参之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三島屋シリーズ第三弾。安定した面白さがある。一気に百物語の様相を呈してきた。全六話。どれも水準以上と思う。標題作「泣き童子」の人の因果を感じる恐ろしさは宮部作品らしさがある。「まぐる笛」では「荒神」を 三島屋シリーズ第三弾。安定した面白さがある。一気に百物語の様相を呈してきた。全六話。どれも水準以上と思う。標題作「泣き童子」の人の因果を感じる恐ろしさは宮部作品らしさがある。「まぐる笛」では「荒神」を連想させた。まぐるの恐ろしさと哀れさ。そして、まぐるの誕生する由縁を知り何とも悲しくなる。宮部みゆきさんの丹念な心理描写が物語に深みを与える。また、作品の創作力に感嘆する。ページ数はあるが、短編集なので区切りのよいところまで読めるので、読みやすい。三島屋シリーズはこれからも楽しみに読み続けたい作品集である。 …続きを読む
    yoshida
    2018年04月06日
    250人がナイス!しています
  • 一作目の「おそろし」二作目の「あんじゅう」にもまして、おそろしい話がそろっていました。神心を大切にしないといけないという昔からのならわしがいかに大切かを思いしらされました。どの話も、恐ろしかったのです 一作目の「おそろし」二作目の「あんじゅう」にもまして、おそろしい話がそろっていました。神心を大切にしないといけないという昔からのならわしがいかに大切かを思いしらされました。どの話も、恐ろしかったのですが、最後の章「節気顔」に、あの世とこの世を自由に行き来しているという「商人」がでてくるのですが、とても恐ろしく記憶に残りました。「おそろし」の中の「凶宅」という話にも、でてきていました。この「商人」が善人なのか悪人なのか、おちかは考えるのですが、答はでません。続編で答えが出るとうれしいです。 …続きを読む
    酔拳
    2018年08月07日
    243人がナイス!しています
  • 怪談話から黒白の間に場面が移ると、ハッと意識が戻る。 聞き手のおちかだけでなく、読者のわたしまで息を詰めて話に聞き入っていたようだ。 相変わらず宮部みゆきさんの書く文章は物語の世界に引き込む力が強くて 怪談話から黒白の間に場面が移ると、ハッと意識が戻る。 聞き手のおちかだけでなく、読者のわたしまで息を詰めて話に聞き入っていたようだ。 相変わらず宮部みゆきさんの書く文章は物語の世界に引き込む力が強くて、丸腰で挑もうものならひとたまりも無い。 せっかく淹れたコーヒーも冷たくなってしまった。 背筋が凍るような恐ろしい話もあれば、最後には心がほっこりするような温かい話もあって、全く飽きのこない一冊だった。 …続きを読む
    はぐ
    2019年08月08日
    192人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品