准教授・高槻彰良の推察7 語りの底に眠るもの

准教授・高槻彰良の推察7 語りの底に眠るもの

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041119662
label

准教授・高槻彰良の推察7 語りの底に眠るもの

  • 著者 澤村 御影
  • イラスト 鈴木 次郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041119662

ドラマ化で話題騒然! 大人気民俗学ミステリ、決意と絆が深まる第7弾!

青和大の女子学生が高槻と尚哉の元へ相談に訪れた。
サークルの友達と一緒に、雑居ビルのエレベーターで「異界に行く方法」を試した翌日、うち一人が行方不明になったという。
心当たりを尋ねると、彼女の声は歪み――。(――第一章「違う世界へ行く方法」)

遠山からの依頼で、栃木の山奥へ赴いた高槻と尚哉。
別荘地を作るための工事中らしいのだが、沼を埋め立てようとしたところ、不審な出来事が相次ぎ、困っているという。
しかもその沼には「ヌシ」が棲むという伝承もあるらしく!? (――第二章「沼のヌシ」)

「――先生が全部忘れても、俺が覚えています。約束したでしょう」
実写ドラマ化で話題騒然&人気沸騰!
異界に魅入られた凸凹コンビの民俗学ミステリ、第7弾!
青和大の女子学生が高槻と尚哉の元へ相談に訪れた。
サークルの友達と一緒に、雑居ビルのエレベーターで「異界に行く方法」を試した翌日、うち一人が行方不明になったという。
心当たりを尋ねると、彼女の声は歪み――。(――第一章「違う世界へ行く方法」)

遠山からの依頼で、栃木の山奥へ赴いた高槻と尚哉。
別荘地を作るための工事中らしいのだが、沼を埋め立てようとしたところ、不審な出来事が相次ぎ、困っているという。
しかもその沼には「ヌシ」が棲むという伝承もあるらしく!? (――第二章「沼のヌシ」)

「――先生が全部忘れても、俺が覚えています。約束したでしょう」
実写ドラマ化で話題騒然&人気沸騰!
異界に魅入られた凸凹コンビの民俗学ミステリ、第7弾!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 違う世界へ行く方法
第二章 沼のヌシ
第三章 人魚の肉

出版社より

同じシリーズの作品

「准教授・高槻彰良の推察7 語りの底に眠るもの」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2022年3月角川文庫刊。書き下ろし。シリーズ7作目。通算8作目。違う世界へ行く方法、沼のヌシ、人魚の肉、の3つの連作短編。不死身の紗絵さんの登場が興味深く面白かった。まだまだ続きそうな予感…。 2022年3月角川文庫刊。書き下ろし。シリーズ7作目。通算8作目。違う世界へ行く方法、沼のヌシ、人魚の肉、の3つの連作短編。不死身の紗絵さんの登場が興味深く面白かった。まだまだ続きそうな予感…。
    ひさか
    2022年08月25日
    151人がナイス!しています
  • エレベーターで異界に行く話も、ヌシがいるという沼も、人魚を食べるレストランも、ミステリー的によく出来ていると思いました。異界の話のように見えて、事件絡みが多い印象です。そこらへんの塩梅が上手いです。一 エレベーターで異界に行く話も、ヌシがいるという沼も、人魚を食べるレストランも、ミステリー的によく出来ていると思いました。異界の話のように見えて、事件絡みが多い印象です。そこらへんの塩梅が上手いです。一番異界だったのが、紗絵の過去の出来事でした。軽く約束しているように見せて、その約束を握って現実を生きている高槻先生が弄らしく、尚哉と同じ境遇でも猫を溺愛している遠山さんや、少しずつ現実の世界でも楽しめるようになってきた尚哉など、これからどうなっていくのかが楽しみです。 …続きを読む
    mariya926
    2022年04月20日
    148人がナイス!しています
  • シリーズ7の一冊。今回はせつなさが印象に残った巻だった。第一章「違う世界へ行く方法」は大学生が抱える自分の居場所作り、ままならない現実との怪異の絡め方が胸を打つ。第二章「沼のヌシ」の民俗学は興味深く読 シリーズ7の一冊。今回はせつなさが印象に残った巻だった。第一章「違う世界へ行く方法」は大学生が抱える自分の居場所作り、ままならない現実との怪異の絡め方が胸を打つ。第二章「沼のヌシ」の民俗学は興味深く読みながらも、せつなさが、随所での言葉がしんみり沁み渡る。遠山さんとアキラ先生の生き方の対比をじっくり考える尚哉。彼はどんな道を選ぶのかな。夜空の瞳の出没頻度が増えてきたのが不安。アキラ先生も尚哉もほんと、どこにも行かないで欲しい。良いな〜、大切な人達との約束を守るって。約束、まだまだいっぱい増やして欲しい。 …続きを読む
    ちょろこ
    2022年04月26日
    139人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品