准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041092644

准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

  • 著者 澤村 御影
  • イラスト 鈴木 次郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041092644

今度の事件は「4」の呪いに人魚騒動!? 凸凹コンビが怪異に挑む!

「異界はどこにだってある――僕たちの、心の中にもね。」

春。無事に進級し大学2年生になった尚哉は、相変わらず高槻のもとで助手のバイトをしている。
ある日、高槻が運営するサイト「隣のハナシ」に、建築事務所で働く女性から怪事件の相談が寄せられた。
事務所で起こった、「4」にまつわる不気味な事件の真相とは……!?――(「四時四十四分の怪」)

6月。「江の島の海に人魚が出た」と週刊誌は大騒ぎに。高槻も講義で人魚のことを熱心に取り上げる。
そんなある日、キャンパスにふらりと現れたのは、口髭にステッキのハンサムな英国紳士。なんと彼は、高槻の叔父・渉だった!
そして尚哉は期せずして、「高槻が一番辛かった頃」に彼を育てた渉から、高槻の悲痛な過去を聞くことに……。
高槻・尚哉・渉・佐々倉は休日を利用して江の島付近に出向き、人魚騒動を調査することに。
そこで「お母さんは人魚になった」と訴える少年に出会い……。――(「人魚のいる海」)

高槻が渉のもとで暮らしていたころのお話「【extra】それはかつての日の話2」も収録。
凸凹コンビの怪異譚、新章開講!


イラスト/鈴木次郎
「異界はどこにだってある――僕たちの、心の中にもね。」

春。無事に進級し大学2年生になった尚哉は、相変わらず高槻のもとで助手のバイトをしている。
ある日、高槻が運営するサイト「隣のハナシ」に、建築事務所で働く女性から怪事件の相談が寄せられた。
事務所で起こった、「4」にまつわる不気味な事件の真相とは……!?――(「四時四十四分の怪」)

6月。「江の島の海に人魚が出た」と週刊誌は大騒ぎに。高槻も講義で人魚のことを熱心に取り上げる。
そんなある日、キャンパスにふらりと現れたのは、口髭にステッキのハンサムな英国紳士。なんと彼は、高槻の叔父・渉だった!
そして尚哉は期せずして、「高槻が一番辛かった頃」に彼を育てた渉から、高槻の悲痛な過去を聞くことに……。
高槻・尚哉・渉・佐々倉は休日を利用して江の島付近に出向き、人魚騒動を調査することに。
そこで「お母さんは人魚になった」と訴える少年に出会い……。――(「人魚のいる海」)

高槻が渉のもとで暮らしていたころのお話「【extra】それはかつての日の話2」も収録。
凸凹コンビの怪異譚、新章開講!


イラスト/鈴木次郎

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 四時四十四分の怪
第二章 人魚のいる海
【extra】それはかつての日の話2

ドラマ化記念! オリジナルグッズ情報はこちら

同じシリーズの作品

「准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ4作品目。尚哉は変わらず高槻先生の助手をしている。今回はある建築事務所で「4」にまつわるか怪奇事件が発生するが・・尚哉と同じ経験をし、同じ耳を持つ人に出会う・ほか、大学に英国在住の高槻先生の叔父 シリーズ4作品目。尚哉は変わらず高槻先生の助手をしている。今回はある建築事務所で「4」にまつわるか怪奇事件が発生するが・・尚哉と同じ経験をし、同じ耳を持つ人に出会う・ほか、大学に英国在住の高槻先生の叔父・渉さんが現れる。尚哉は、高槻先生の一番辛かった悲痛な過去の話を叔父・渉さんから聞く。その頃江の島の人魚騒動を知るのだが・・いよいよ「本物」怪異が忍び寄ってきた感じで、次回がますます楽しみになります。 …続きを読む
    OSOGON15
    2023年09月10日
    145人がナイス!しています
  • 異界の扉が開くとは、一気に進めて来た感じがしました。『四時四十四分』は知りませんでした。実際に学校とかで流行っていたのかな?四時四十四分にお婆さんが現れて…という感じらしいですが、怪異でなかったら人間 異界の扉が開くとは、一気に進めて来た感じがしました。『四時四十四分』は知りませんでした。実際に学校とかで流行っていたのかな?四時四十四分にお婆さんが現れて…という感じらしいですが、怪異でなかったら人間の仕業なんですよね。今回はミステリーという感じでした。『人魚』も何となくアリエルのイメージになっていますが、本来は首から下が魚だったのかもしれませんね。しかも主人公と同じ嘘を聞くと歪んで聴こえる人が他にもいたことにビックリしました。それとイギリス留学時代やココアを好きな理由を知れたのも良かったです。 …続きを読む
    mariya926
    2021年10月01日
    144人がナイス!しています
  • とうとう出てきた。アキラ先生にもそのカラクリが解けずに謎のままで終わる案件が。こういうのも好みです🎵彼の辛い少年期を共に乗り越えてきた、良き理解者のダンディな叔父様の登場、そして尚哉くんと同じ能力を持 とうとう出てきた。アキラ先生にもそのカラクリが解けずに謎のままで終わる案件が。こういうのも好みです🎵彼の辛い少年期を共に乗り越えてきた、良き理解者のダンディな叔父様の登場、そして尚哉くんと同じ能力を持つひとも登場して、ここから物語の核心に迫っていくターニングポイント、まさに「異界への扉」の巻、となるのかしらね。アキラ先生が愛飲しているマシュマロ入りのココアには、こんな心温まる逸話があったんだなあ。 …続きを読む
    みっちゃん
    2023年04月29日
    142人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品