准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041087336

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

  • 著者 澤村 御影
  • カバーイラスト 鈴木 次郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041087336

「呪いと祝いは、紙一重だよ」異能を持つ凸凹コンビの民俗学ミステリ第3弾

尚哉の友人・難波の元に不幸の手紙が届いた。
時を同じくして、高槻と尚哉は「図書館のマリエさん」という聞き慣れない都市伝説を知る。
図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるというのだが……。――「不幸の手紙と呪いの暗号」

鬼神伝説が残る村に調査に出向いた一行は、不気味な洞窟で、額に穴のあいた頭蓋骨を見つける。
その直後、高槻に思いがけない受難が……。 尚哉は、佐々倉はどうする!?
「あぁ、この世はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろうね。」――「鬼を祀る家」

高槻と、幼馴染である捜査一課の刑事・佐々倉の幼い頃を描いた番外編「【extra】それはかつての日の話」も収録。

いま、売れに売れている民俗学ミステリ、シリーズ待望の第3巻!
本当に、面白いんです!!!

イラスト/鈴木次郎
尚哉の友人・難波の元に不幸の手紙が届いた。
時を同じくして、高槻と尚哉は「図書館のマリエさん」という聞き慣れない都市伝説を知る。
図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるというのだが……。――「不幸の手紙と呪いの暗号」

鬼神伝説が残る村に調査に出向いた一行は、不気味な洞窟で、額に穴のあいた頭蓋骨を見つける。
その直後、高槻に思いがけない受難が……。 尚哉は、佐々倉はどうする!?
「あぁ、この世はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろうね。」――「鬼を祀る家」

高槻と、幼馴染である捜査一課の刑事・佐々倉の幼い頃を描いた番外編「【extra】それはかつての日の話」も収録。

いま、売れに売れている民俗学ミステリ、シリーズ待望の第3巻!
本当に、面白いんです!!!

イラスト/鈴木次郎

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 不幸の手紙と呪いの暗号
第二章 鬼を祀る家

【extra】 それはかつての日の話

ドラマ化記念! オリジナルグッズ情報はこちら

同じシリーズの作品

「准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ3作品目。今回は尚哉の友人の難波の元に不幸の手紙が届く。時を同じくして「図書館のマリエさん」という都市伝説を知る。図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるという・他に鬼神伝説が残る村で頭 シリーズ3作品目。今回は尚哉の友人の難波の元に不幸の手紙が届く。時を同じくして「図書館のマリエさん」という都市伝説を知る。図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるという・他に鬼神伝説が残る村で頭蓋骨を見つけ、その直後、高槻先生に受難が・・怪異に現実的な解釈がつくのは、”やっぱりね。”みたいな感じで面白い。番外編の彰良と健ちゃんの幼い頃の話も良かったです。読み終わった後味が良いですよね。 …続きを読む
    OSOGON15
    2023年09月09日
    151人がナイス!しています
  • 深みが増してきた、一冊。第三巻、深みが増してきた感、良かった。第一章の不幸の手紙はせつない、のひとこと。想いはこの場所にずっと残してあげてという気持ちでいっぱい。第二章は怪異考察はもちろん尚哉の心情描 深みが増してきた、一冊。第三巻、深みが増してきた感、良かった。第一章の不幸の手紙はせつない、のひとこと。想いはこの場所にずっと残してあげてという気持ちでいっぱい。第二章は怪異考察はもちろん尚哉の心情描写がグッと深みが増して読み応えあり。高槻准教授のより奥深い場所に触れる思い、さらに近づく距離感を味わった。呪いを祝いへ…准教授、また魅力が増したわ。旅行シーンは毎回好きだな。尚哉がもっと楽しいを味わってくれるといいな。番外編も文句なし。けんちゃんと准教授、幼少時からのこんな関係、うらやまし過ぎる。 …続きを読む
    ちょろこ
    2020年09月02日
    144人がナイス!しています
  • 3巻めにして初めて出てきた、登場人物のプロフィール画像。直哉くん、やはり眼差しが暗い…「この世の中はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろう」不幸の手紙、図書館本に潜む呪い、そして鬼を祀る家。炙り出され 3巻めにして初めて出てきた、登場人物のプロフィール画像。直哉くん、やはり眼差しが暗い…「この世の中はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろう」不幸の手紙、図書館本に潜む呪い、そして鬼を祀る家。炙り出される、ひとの憎しみ、妬み、悲しみ。でもアキラ先生が導き出す真相には、そんなネガティブな感情と同居するひとの願いとか、思いやりとか、優しさが溢れてる。アキラ先生と佐々倉刑事の幼い頃の出会いを描いた『それはかつての日の話』が秀逸。後の誘拐事件を示唆するような不気味な出来事も。これは気になる。 …続きを読む
    みっちゃん
    2023年02月12日
    142人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品