准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041087336

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

  • 著者 澤村 御影
  • カバーイラスト 鈴木 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041087336

「呪いと祝いは、紙一重だよ」異能を持つ凸凹コンビの民俗学ミステリ第3弾

尚哉の友人・難波の元に不幸の手紙が届いた。
時を同じくして、高槻と尚哉は「図書館のマリエさん」という聞き慣れない都市伝説を知る。
図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるというのだが……。――「不幸の手紙と呪いの暗号」

鬼神伝説が残る村に調査に出向いた一行は、不気味な洞窟で、額に穴のあいた頭蓋骨を見つける。
その直後、高槻に思いがけない受難が……。 尚哉は、佐々倉はどうする!?
「あぁ、この世はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろうね。」――「鬼を祀る家」

高槻と、幼馴染である捜査一課の刑事・佐々倉の幼い頃を描いた番外編「【extra】それはかつての日の話」も収録。

いま、売れに売れている民俗学ミステリ、シリーズ待望の第3巻!
本当に、面白いんです!!!

イラスト/鈴木次郎

もくじ

第一章 不幸の手紙と呪いの暗号
第二章 鬼を祀る家

【extra】 それはかつての日の話


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです!高槻先生のマイペースは相変わらず。直哉はちょっと成長して、健ちゃんはいつも通り。 一章では図書館にまつわる噂、二章では鬼を祀る家について。 1巻、2巻ときて、3巻では登場人物たちの信頼 面白かったです!高槻先生のマイペースは相変わらず。直哉はちょっと成長して、健ちゃんはいつも通り。 一章では図書館にまつわる噂、二章では鬼を祀る家について。 1巻、2巻ときて、3巻では登場人物たちの信頼関係が次第に深まったり、それぞれの過去が次第に明らかになっていき、さらに面白く読むことができました。 印象に残ったシーンもあり、これが次にどうなっていくのか、不安も残しつつ。 extraでは、健ちゃんと高槻先生の子供時代について描かれていて、かわいいです。 続きが楽しみです! …続きを読む
    まどれーぬ
    2019年11月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品