准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

  • 著者 澤村 御影
  • カバーイラスト 鈴木 次郎
発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

「呪いと祝いは、紙一重だよ」異能を持つ凸凹コンビの民俗学ミステリ第3弾

尚哉の友人・難波の元に不幸の手紙が届いた。
時を同じくして、高槻と尚哉は「図書館のマリエさん」という聞き慣れない都市伝説を知る。
図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるというのだが……。――「不幸の手紙と呪いの暗号」

鬼神伝説が残る村に調査に出向いた一行は、不気味な洞窟で、額に穴のあいた頭蓋骨を見つける。
その直後、高槻に思いがけない受難が……。 尚哉は、佐々倉はどうする!?
「あぁ、この世はなんてたくさんの呪いに満ちているんだろうね。」――「鬼を祀る家」

高槻と、幼馴染である捜査一課の刑事・佐々倉の幼い頃を描いた番外編「【extra】それはかつての日の話」も収録。

いま、売れに売れている民俗学ミステリ、シリーズ待望の第3巻!
本当に、面白いんです!!!

イラスト/鈴木次郎

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 深みが増してきた、一冊。第三巻、深みが増してきた感、良かった。第一章の不幸の手紙はせつない、のひとこと。想いはこの場所にずっと残してあげてという気持ちでいっぱい。第二章は怪異考察はもちろん尚哉の心情描 深みが増してきた、一冊。第三巻、深みが増してきた感、良かった。第一章の不幸の手紙はせつない、のひとこと。想いはこの場所にずっと残してあげてという気持ちでいっぱい。第二章は怪異考察はもちろん尚哉の心情描写がグッと深みが増して読み応えあり。高槻准教授のより奥深い場所に触れる思い、さらに近づく距離感を味わった。呪いを祝いへ…准教授、また魅力が増したわ。旅行シーンは毎回好きだな。尚哉がもっと楽しいを味わってくれるといいな。番外編も文句なし。けんちゃんと准教授、幼少時からのこんな関係、うらやまし過ぎる。 …続きを読む
    ちょろこ
    2020年09月02日
    137人がナイス!しています
  • 深町くんの世界がじりじり広がっていってるのが嬉しいシリーズ三冊目。呪いと祝いは字も似てるもんね、ちょっとのバランスでこの世とあの世も成り立っているのだろう。高槻先生は何かに取り憑かれているのか?謎もじ 深町くんの世界がじりじり広がっていってるのが嬉しいシリーズ三冊目。呪いと祝いは字も似てるもんね、ちょっとのバランスでこの世とあの世も成り立っているのだろう。高槻先生は何かに取り憑かれているのか?謎もじりじり広がっています。キャラクター紹介のイラスト付き、深町くんが地味メガネ男子でいい感じです。 …続きを読む
    にく18
    2019年12月11日
    67人がナイス!しています
  • シリーズ三作目。今回は懐かしの不幸の手紙と「図書館のマリエさん」、鬼伝説に加えて番外編として高槻と健ちゃんの出会い編。どれも興味がそそられる題材ばかりなので、読んでいて楽しい。今回は特に尚哉の成長が感 シリーズ三作目。今回は懐かしの不幸の手紙と「図書館のマリエさん」、鬼伝説に加えて番外編として高槻と健ちゃんの出会い編。どれも興味がそそられる題材ばかりなので、読んでいて楽しい。今回は特に尚哉の成長が感じられたのが嬉しかったな。嘘が分かる耳のせいで、人と関わることを避けてきた尚哉が、自分から誰かのために行動できるようになるなんて。その変化がいつか尚哉を、そして、高槻をも救ってくれると信じたい。まだ明らかにならない高槻の過去や、これからも絡んできそうな飯沼がふと漏らした言葉も気になるし、続きがますます楽しみ。 …続きを読む
    2019年12月14日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品