あんじゅう 三島屋変調百物語事続 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年06月12日
商品形態:
電子書籍

あんじゅう 三島屋変調百物語事続

  • 著者 宮部 みゆき
発売日:
2020年06月12日
商品形態:
電子書籍

ほっこり温かく、ちょっと奇妙で、ぞおっと怖い、百物語。さあ、おはなしを続けましょう。

一度にひとりずつ、百物語の聞き集めを始めた三島屋伊兵衛の姪・おちか。ある事件を境に心を閉ざしていたおちかだったが、訪れる人々の不思議な話を聞くうちに、徐々にその心は溶け始めていた。ある日おちかは、深考塾の若先生・青野利一郎から「紫陽花屋敷」の話を聞く。それは、暗獣“くろすけ”にまつわる切ない物語であった。人を恋いながら人のそばでは生きられない“くろすけ”とは―。三島屋シリーズ第二弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三島屋シリーズ第2巻。江戸の時代に起きる怪異をおちかが聴いてゆく。安定の面白さ。怪異の原因は人の業と、妖異に別れる。「逃げ水」と「暗獣」は妖異によるものだが、哀しくも微笑ましい。お旱さんとくろすけに会 三島屋シリーズ第2巻。江戸の時代に起きる怪異をおちかが聴いてゆく。安定の面白さ。怪異の原因は人の業と、妖異に別れる。「逃げ水」と「暗獣」は妖異によるものだが、哀しくも微笑ましい。お旱さんとくろすけに会いたくなる。「籔から千本」と「吼える仏」は人間の業による怪異。特に「籔から千本」での人間の悪意や、恨みと妬心等の感情の描き方が実に丹念で読ませる。先の展開が気になり一気に読ませる。まさに宮部みゆきさんの本領が発揮されていると思う。「籔から千本」での本家と分家の行き詰まる歳月に引き込まれた。続いて次巻も読もう。 …続きを読む
    yoshida
    2018年03月21日
    297人がナイス!しています
  • おそろし の続編、三島屋の黒白の間でおちかが面妖な話を聞くという話。 おそろし はかなり怖い話でしたが、今回は、身近な感じのする面妖な話でした。特に、第一話の「逃げ水」の、「お早さん」と第三話の「あ おそろし の続編、三島屋の黒白の間でおちかが面妖な話を聞くという話。 おそろし はかなり怖い話でしたが、今回は、身近な感じのする面妖な話でした。特に、第一話の「逃げ水」の、「お早さん」と第三話の「あんじゅう」どちらも、近くにいてほしい感じで、話の終わりぐらいになると、寂しくなりました。どちらも、人間に裏切られながらも、人間に寄り添おうとしている姿が描かれていて、かわいいという表現はおかしいけれど、それに近い感情がうまれました。  続編もあるので、第三弾、読みたいと思う。 …続きを読む
    酔拳
    2017年11月25日
    287人がナイス!しています
  • おそろし の続き。三島屋の姪、おちかが、いろいろな話を黒白の間で聞く。百物語のうち4話。逃げ水、薮から千本、暗獣、吼える佛。不思議な話を知るのによい。話の組み立てが立体的で重みがある。読売新聞2009 おそろし の続き。三島屋の姪、おちかが、いろいろな話を黒白の間で聞く。百物語のうち4話。逃げ水、薮から千本、暗獣、吼える佛。不思議な話を知るのによい。話の組み立てが立体的で重みがある。読売新聞2009年1月から2010年1月の長剣に掲載。絵は南伸坊。最初の2つがいい感じ。後の2つはちょっとぐだぐだ感あり。お勝はすごい。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月05日
    282人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品