試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
568
ISBN:
9784041089088

ドミノin上海

  • 著者 恩田 陸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
568
ISBN:
9784041089088

神様だって、止められない。たった一日で運命のドミノが倒れ始める!

幻の至珠「蝙蝠」が香港から上海に密輸された。無事に密輸を成功させ、オークションで高値で売り抜けることを目指す骨董商、蝙蝠の行方を追う香港警察の攻防は熾烈を極める。
物語の舞台となるのは上海の一流ホテル「青龍飯店」。そこにはゾンビ映画を撮影中のご一行、スピード違反で上海警察に追われる寿司配達人、アートフェアに呼ばれた高名な彫刻家ら多様な人々が集まった。さらには上海動物公園から逃げ出したパンダに、成仏できない死んだイグアナもやってきて……。

もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく。
抱腹絶倒、スピード感溢れるパニック・コメディ。

書店店頭パネル


おすすめコメント

書店員さんのおすすめコメントを一部ご紹介!

ドミノの倒れる様を見る中毒性そのもの!!
500ページ越えで眠れぬ夜を過ごすこと必至。
善人はもちろん、悪人すらもなぜか応援したくなる。
――田村知世さん(ジュンク堂書店 吉祥寺店)

偶然なのか運命なのか、動き出した物語はどんどん加速して
とんでもない結末へ読者を連れて行く。
"ドミノ"になる事はわかっていてもここまで複雑に絡み合った物語が
こんなに見事なフィナーレをむかえるなんて!
――峯森和代さん(SuperKaBoS 鯖江店)

ラストに向けてすべてが集約されていく爽快感。気持ちいい。
またどこかで、起きるであろうドミノにとっても期待しています。
――吉井めぐみさん(宮脇書店 ゆめモール下関店)

運命のドミノはとまらない。今度の舞台は海外だ。
上海という設定がシネマティックで、本のページがまるで映画のフィルムのようだった!
疾走感よ、どこまでも!!
――山田恵理子さん(うさぎや 矢板店)

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『ドミノin上海』書籍紹介PV

「ドミノin上海」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恩田 陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。2月に読んだ『ドミノ』に続いて、新作の『ドミノ㏌上海』を読みました。舞台を上海に移してグレードアップして戻って来た感じです。こんなにパンダが活躍する 恩田 陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。2月に読んだ『ドミノ』に続いて、新作の『ドミノ㏌上海』を読みました。舞台を上海に移してグレードアップして戻って来た感じです。こんなにパンダが活躍する小説は、初めてではないでしょうか?パンダ巌巌恐るべし🐼 まだ続編がありそうですが、東京⇒上海と来たら次は、パリかニューヨークでしょうか? https://youtu.be/SHlcUVyNrts?t=7 …続きを読む
    starbro
    2020年03月03日
    236人がナイス!しています
  • 事件は会議室で起きてるんじゃない! 青龍飯店で起きてるんだ! 上海を舞台に再び繰り広げられる、疾風怒濤のアクション・パニック・コメディ群像劇。主要登場人物(東京組含む)25名+脱走パンダ+捜査犬+故ペ 事件は会議室で起きてるんじゃない! 青龍飯店で起きてるんだ! 上海を舞台に再び繰り広げられる、疾風怒濤のアクション・パニック・コメディ群像劇。主要登場人物(東京組含む)25名+脱走パンダ+捜査犬+故ペットのダリオ。それぞれの思惑・思念・思考が絡みもつれ合う。故郷への帰還、熊さんとの相撲、飼い主との再会...強い思いは叶うのだ。ちょっと感動すら覚える大団円まで、超絶怒涛に進行する一大活劇を、宅配寿司食べながら、是非ご高覧一読下さい。恩田陸、おぬしできるな(って、何ができるのかよく分からないけど)。 …続きを読む
    旅するランナー
    2020年04月01日
    210人がナイス!しています
  • 表紙を見た時から気になっていた。こいつは只者じゃないと。そうニヤつくパンダ(名前は厳厳、年齢不詳)だ。見せてくれたぜ。青いマントがなぜか似合う。今回も恩田さんのスベるように滑らかなノリノリの文章を楽し 表紙を見た時から気になっていた。こいつは只者じゃないと。そうニヤつくパンダ(名前は厳厳、年齢不詳)だ。見せてくれたぜ。青いマントがなぜか似合う。今回も恩田さんのスベるように滑らかなノリノリの文章を楽しめた。いくらか前作の既視感もあったけど、気にならず何度もぷぷっと吹き出しながら読んだ。キャラもユニーク揃い。特に動物たちがいい。とぼけた仕草に魅了されてしまう。あと霊力の面々の一体感も。展開はハチャメチャなんだけどねえ、ちゃんとドミノの列のようにある地点へ収束。巻末の連載期間を見てちょっと驚いた。 …続きを読む
    buchipanda3
    2020年02月13日
    122人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品