試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784043710027

ユージニア

  • 著者 恩田 陸
  • デザイン 祖父江 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784043710027

日本推理作家協会賞長編賞受賞、著者渾身の代表作!

あの夏、白い百日紅の記憶。死の使いは、静かに街を滅ぼした。旧家で起きた、大量毒殺事件。未解決となったあの事件、真相はいったいどこにあったのだろうか。数々の証言で浮かび上がる、犯人の像は――。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ユージニア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これまた凄いのに出会ってしまいました。第三者的記述が終始不穏な雰囲気を醸し出し、読者の数だけ「真実」があるのではないかと思いました。当方は、第一章と第二章で「ノンフィクション」「現実に起きた出来事」へ これまた凄いのに出会ってしまいました。第三者的記述が終始不穏な雰囲気を醸し出し、読者の数だけ「真実」があるのではないかと思いました。当方は、第一章と第二章で「ノンフィクション」「現実に起きた出来事」への記述が終始頭から離れず、誰が犯人というよりもむしろ「真実の持つ意味」に興味を惹かれました。 …続きを読む
    ehirano1
    2017年05月13日
    323人がナイス!しています
  • インタビュー形式で「」括りになっていたり、なっていなかったり、第三人称的な書き方や記事のようなものや取材メモがいきなり出てきたり、それでいて時系列はバラバラ。何が本当で何が嘘なのか?この本は、推理小説 インタビュー形式で「」括りになっていたり、なっていなかったり、第三人称的な書き方や記事のようなものや取材メモがいきなり出てきたり、それでいて時系列はバラバラ。何が本当で何が嘘なのか?この本は、推理小説として真実、結末を追うものなどではなく、茫洋とした独特な世界観の中に描かれる色んな人たちが同じ一つの事象をどう捉え、どう見ているか、その人の考え方、感じ方、そういった心の内を味わう作品なんだと思いました。そう、読者のこれまでの経験によって見える世界も変わり、読者の数だけ答えがある。なんとも興味深い作品でした。 …続きを読む
    さてさて
    2021年03月02日
    318人がナイス!しています
  • 映画『羅生門』のように同じ出来事を複数の登場人物の視点から描く作品と思っていると、最後は黒でも白でもないグレイゾーンのまま終わる。各章ごとに語り手も時系列も違って読みづらく、もつれた糸をほぐすのではな 映画『羅生門』のように同じ出来事を複数の登場人物の視点から描く作品と思っていると、最後は黒でも白でもないグレイゾーンのまま終わる。各章ごとに語り手も時系列も違って読みづらく、もつれた糸をほぐすのではなく、さらに複雑に絡まり合ってしまう。そこで作者は人間の見る目のなさをさらけ出し、読者に「こんな曖昧な証言で犯罪が解決された気になるなんて」と迫るようだ。しかも黒澤監督のように、わずかな救いさえ残さない。推理作家協会賞受賞作だが、従来のあらゆるミステリのパターンを否定する点にこそ作者の意思があったのではないか。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2020年09月08日
    298人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

恩田 陸

1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞受賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞受賞。07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞受賞。17年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞受賞。主な著作に『ネバーランド』『黒と茶の幻想』『上と外』『ドミノ』『チョコレートコスモス』『私の家では何も起こらない』『夢違』『雪月花黙示録』など。

この著者の商品

最近チェックした商品