角川文庫

ユージニア

日本推理作家協会賞長編賞受賞、著者渾身の代表作!

発売日:
2013年06月25日
商品形態:
電子書籍
ユージニア 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ユージニア

日本推理作家協会賞長編賞受賞、著者渾身の代表作!

  • 著者 恩田 陸
  • 写真 松本 コウシ
発売日:
2013年06月25日
商品形態:
電子書籍

日本推理作家協会賞長編賞受賞、著者渾身の代表作!

あの夏、白い百日紅の記憶。死の使いは、静かに街を滅ぼした。旧家で起きた、大量毒殺事件。未解決となったあの事件、真相はいったいどこにあったのだろうか。数々の証言で浮かび上がる、犯人の像は--。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ユージニア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 巧妙に仕立てた書籍。小さい頃の事件を十年後に面談調査で書き綴る。助手として学生を雇い、口述記録を筆記していく。作った作品の中に、分かる人にしか分からない伝言を埋め込んで。きっとこの本にも、分かる人にし 巧妙に仕立てた書籍。小さい頃の事件を十年後に面談調査で書き綴る。助手として学生を雇い、口述記録を筆記していく。作った作品の中に、分かる人にしか分からない伝言を埋め込んで。きっとこの本にも、分かる人にしか分からない伝言があるのだろう。私にはまだ解けない。ユージニアノート。松本コウシ,祖父江慎。発見角川 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月16日
    240人がナイス!しています
  • ノンフィクションのノンフィクション(本文)、なるほどね。読んでいるときは、インタビュー形式で宮部みゆき作品に似た作品があったなぁ、でもこれは、途中登場人物目線での話が入るので、パネルクイズのパネルが一 ノンフィクションのノンフィクション(本文)、なるほどね。読んでいるときは、インタビュー形式で宮部みゆき作品に似た作品があったなぁ、でもこれは、途中登場人物目線での話が入るので、パネルクイズのパネルが一つ一つ明らかになってくるように、全体像がみえてくるので、結構入り込んでいった…そんなつもりになっていたが、エンディングで?もしかして、この本を誤解して読んでいた?もっと明確に犯人なり、メッセージがあるかと思ったが、読み取れなかった。満喜子は死ぬし、古本屋は火事だし、何気に恐怖だしw 再読の価値はあるな。 …続きを読む
    どんちん
    2015年12月16日
    213人がナイス!しています
  • これまた凄いのに出会ってしまいました。第三者的記述が終始不穏な雰囲気を醸し出し、読者の数だけ「真実」があるのではないかと思いました。当方は、第一章と第二章で「ノンフィクション」「現実に起きた出来事」へ これまた凄いのに出会ってしまいました。第三者的記述が終始不穏な雰囲気を醸し出し、読者の数だけ「真実」があるのではないかと思いました。当方は、第一章と第二章で「ノンフィクション」「現実に起きた出来事」への記述が終始頭から離れず、誰が犯人というよりもむしろ「真実の持つ意味」に興味を惹かれました。 …続きを読む
    ehirano1
    2017年05月13日
    200人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品