失われた地図

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041053669
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

失われた地図

  • 著者 恩田 陸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041053669

直木賞受賞第一作! “恩田ワールド”全開のエンターテインメント長編

錦糸町、川崎、上野、大阪、呉、六本木・・・・・・。
日本各地の旧軍都に発生すると言われる「裂け目」。
かつてそこに生きた人々の記憶が形を成し、現代に蘇る。
鮎観の一族は代々、この「裂け目」を封じ、記憶の化身たちと戦う“力”を持っていた。
彼女と同じ一族の遼平もまた、同じ力を有した存在だった。
愛し合い結婚した二人だが、息子、俊平を産んだことから運命の歯車は狂いはじめ・・・・・・。

――新時代の到来は、闇か、光か。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「失われた地図」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恩田陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。今朝、地下鉄の中で本書を読んでいると、目の前に座っていた賢そうな男子中学生が「蜜蜂と遠雷」を読んでいました。応援したくなるような微笑ましい光景でした。 恩田陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。今朝、地下鉄の中で本書を読んでいると、目の前に座っていた賢そうな男子中学生が「蜜蜂と遠雷」を読んでいました。応援したくなるような微笑ましい光景でした。本書ですが「蜜蜂と遠雷」とは、かなり趣の異なる幻想連作短編集でした。旧日本軍の亡霊(グンカ;軍靴?or軍歌)が跋扈する物語、個人的には嫌いではないですが、一般受けはしないような気がします。恩田陸は右翼なのかなぁ?本書の感想登録で記念の1,000件達成です。 …続きを読む
    starbro
    2017年03月06日
    324人がナイス!しています
  • 図書館本。「蜜蜂と遠雷」とは全然違う雰囲気。旧軍部に現れるゲンカという怨念を閉じ込めようとする男女。何だか不思議な世界観で終始読了。 図書館本。「蜜蜂と遠雷」とは全然違う雰囲気。旧軍部に現れるゲンカという怨念を閉じ込めようとする男女。何だか不思議な世界観で終始読了。
    ナイスネイチャ
    2017年04月01日
    222人がナイス!しています
  • 赤みがかった風、「煙草屋」の情報、カメラバッグと三脚、レフ板を背負った遼平、鮎観、浩平は旧陸軍糧秣廠倉庫があった錦糸公園へ向かう。「裂け目」から「グンカ」、グンカは「戦争をしたい、起こればよい」と思う 赤みがかった風、「煙草屋」の情報、カメラバッグと三脚、レフ板を背負った遼平、鮎観、浩平は旧陸軍糧秣廠倉庫があった錦糸公園へ向かう。「裂け目」から「グンカ」、グンカは「戦争をしたい、起こればよい」と思う人が増えるとその気配を察知して現れる。遼平たち風雅一族は、グンカと戦い、裂け目を縫う役割を代々担う。煙草屋は裂け目の現れる場所を予想する。川崎、上野公園、大阪城、呉・・壮絶な闘いは続く。遼平と鮎観は、ある理由から離婚した。「りょうほう」からうまれた「めんどう」、息子俊平の能力とは・・。面妖で不思議な世界。 …続きを読む
    たっくん
    2017年06月03日
    220人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

恩田 陸

1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞受賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞受賞。07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞受賞。17年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞受賞。主な著作に『ネバーランド』『黒と茶の幻想』『上と外』『ドミノ』『チョコレートコスモス』『私の家では何も起こらない』『夢違』『雪月花黙示録』など。

この著者の商品

最近チェックした商品