トピックス

体験型書店「ダ・ヴィンチストア」にて開催中の人気作家24名による選書棚コーナー第1弾、いよいよ11月5日まで!

~作家陣を一新した第2弾も開催決定~

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛 以下 KADOKAWA)は、埼玉県所沢市「ところざわサクラタウン」内の直営書店「ダ・ヴィンチストア」にて、11月5日(金)まで、発見×連想ギャラリーの作家選書棚コーナー 第1弾「できるまで」を好評開催中です。また「ダ・ヴィンチストア」開業1周年を記念し、第2弾の開催も決定いたしました。

 「ダ・ヴィンチストア」は、「発見と連想」をコンセプトにした独自の書棚展開、グッズ販売、企画展や配信イベントなど、新しい読書体験を提供する「体験型書店」です。
 「ダ・ヴィンチストア」店内奥にある「発見×連想ギャラリー」内の作家選書棚コーナーにて、現在開催中のフェア第1弾は、「できるまで」と銘打ち、文芸・コミック・ライトノベルなど幅広いジャンルから、24名の人気作家にご協力をいただき、各人の選書・自著を展示・販売しています。【作家になるまで】【著作ができるまで】といった「できるまで」にまつわる作品が並ぶ興味深い企画展は、11月5日(金)正午までの開催となります。ぜひお早めにお越しください。

 また、今回のフェアの好評を受け、11月6日(土)より、第2弾の開催が決定いたしました。「あえて」をテーマに、新たな作家陣と創り出す作家選書棚コーナーにご期待ください。詳細は後日発表いたします。


■作家選書棚コーナー 第1弾「できるまで」概要
【開催期間】2020年11月6日(金)~2021年11月5日(金)正午
【開催場所】ダ・ヴィンチストア(ところざわサクラタウン2階)
【参加作家】(順不同・敬称略)
綾辻行人(小説家/代表作:「十角館の殺人」「Another」「霧越邸殺人事件」「深泥丘奇談」ほか)
伊坂幸太郎(小説家/代表作:「グラスホッパー」「マリアビートル」「AX アックス」ほか)
恩田陸(小説家/代表作:「夜のピクニック」「ユージニア」「蜜蜂と遠雷」ほか)
角野栄子(小説家/代表作:「魔女の宅急便」「トンネルの森 1945」ほか)
貴志祐介(小説家/代表作:「黒い家」「硝子のハンマー」「新世界より」「悪の教典」ほか)
住野よる(小説家/代表作:「「君の膵臓をたべたい」「また、同じ夢を見ていた」「青くて痛くて脆い」ほか)
森見登美彦(小説家/代表作:「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」「四畳半神話大系」「四畳半タイムマシンブルース」ほか)
カツヲ(漫画家/代表作:「三ツ星カラーズ」「ひとりぼっちの○○生活」)
佐々大河(漫画家/代表作:「ふしぎの国のバード」)
たかぎ七彦(漫画家/代表作:「アンゴルモア 元寇合戦記」)
鶴谷香央理(漫画家/代表作:「メタモルフォーゼの縁側」)
柊ゆたか(漫画家/代表作:「新米姉妹のふたりごはん」)
本田(漫画家/代表作:「ガイコツ書店員 本田さん」「ほしとんで」)
森薫(漫画家/代表作:「乙嫁語り」「エマ」「シャーリー」)
安彦良和(漫画家・アニメーター/代表作:「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」「ヤマトタケル」ほか)
吉崎観音(漫画家/代表作:「ケロロ軍曹」)
朝霧カフカ(小説家/代表作:原作「文豪ストレイドッグス」(コミック)「汐ノ宮綾音は間違えない」(コミック)、著作「文豪ストレイドッグス」シリーズほか)
佐島勤(小説家/代表作:「魔法科高校の劣等生」)
橘公司(小説家/代表作「デート・ア・ライブ」)
谷川流(小説家/代表作:「涼宮ハルヒ」シリーズ)
長月達平(小説家/代表作:「Re:ゼロから始める異世界生活」)
和ヶ原聡司(小説家/代表作:「はたらく魔王さま!」)
弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー/現在、雑誌『ダ・ヴィンチ』にて「アンクールな人生」を連載中)
穂村弘(歌人/代表作:「短歌の友人」「鳥肌が」「水中翼船炎上中」ほか)
関口靖彦(雑誌「ダ・ヴィンチ」編集長)

※第2弾「あえて」は、11月6日(土)より開催します。(詳細は後日発表いたします)











ダ・ヴィンチストア フロアマップ

■ダ・ヴィンチストア 概要
営業時間:10:00~20:00
定休日:無休
住所:埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン2階
ダ・ヴィンチストア 公式サイト:https://davinci-store.jp/
ダ・ヴィンチストア 公式Twitter:https://twitter.com/DAVINCI_STORE/

■新型コロナウイルス感染症対策
新型コロナウイルス感染症に関する対応とご来店時のお願いにつきましては、下記をご覧ください。
<ダ・ヴィンチストアの新型コロナウイルス感染症対策について>
https://davinci-store.jp/topics/20201020_01.html

■「ところざわサクラタウン」について
 2020年11月、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点としてKADOKAWAが埼玉県所沢市に開業した大型文化複合施設。書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィス、イベントスペース(ジャパンパビリオン、千人テラス)、体験型ホテル(EJアニメホテル)、ショップ(ダ・ヴィンチストア)、レストラン(角川食堂)、商業施設のほか、角川文化振興財団運営の「角川武蔵野ミュージアム」も建設。
 また、KADOKAWAと所沢市が共同で進める「COOL JAPAN FOREST 構想」および、KADOKAWA・埼玉県・所沢市の三者で連携・協力する協定に基づき振興を図る「埼玉カルチャー観光共和国」の拠点施設にも位置づけられています。
https://tokorozawa-sakuratown.jp/

■株式会社KADOKAWAについて
 出版、映像、ゲーム、Webサービス、教育、MD、コトビジネス、インバウンド関連などの幅広い事業を展開する総合エンターテインメント企業です。働き方改革(ABW=Activity Based Working)を含めたデジタルトランスフォーメーションの推進により、優れたIP(Intellectual Property)を安定的に創出し、様々な形で世界に届ける「グローバル・メディアミックス」戦略を実践しております。
https://group.kadokawa.co.jp/

以上