角川文庫

夢違

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041012239
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

夢違

  • 著者 恩田 陸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041012239

戦慄と驚愕の幻視サスペンス!

「何かが教室に侵入してきた」。学校で頻発する、集団白昼夢。夢が記録されデータ化される時代、「夢判断」を手がける浩章のもとに、夢の解析依頼が入る。こどもたちの悪夢は現実化するのか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夢違」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恩田さんの小説5冊目。映画館で「悪夢ちゃん The 夢ovie」の予告編を観て、映画化の原案ということでこの本に興味を持ち、読んでみることにした。読み始めると確かに映画の予告編とは雰囲気が全く違い、原 恩田さんの小説5冊目。映画館で「悪夢ちゃん The 夢ovie」の予告編を観て、映画化の原案ということでこの本に興味を持ち、読んでみることにした。読み始めると確かに映画の予告編とは雰囲気が全く違い、原作でなく原案ということに納得した。予知夢、白昼夢、悪夢、夢判断、夢を映像化した夢札と、読んでいると‘夢と現実’が入り混じった不思議な世界に迷い込んだ気がした。500P近い小説だが、中盤以降は恩田さんがこの不思議な世界に、どのようなエンディングを用意しているか、ワクワクして読んだ。八咫烏に予選突破の夢を託そう。 …続きを読む
    hiro
    2014年06月20日
    162人がナイス!しています
  • 夢の可視化が現実になるとしたらと考えると鳥肌が立ちます。白昼夢や予知夢などが語られていく中で、今が夢なのか現実なのか曖昧になっていく怖さがありました。明確に言えない現象が起きれば起きるほど、自分は何処 夢の可視化が現実になるとしたらと考えると鳥肌が立ちます。白昼夢や予知夢などが語られていく中で、今が夢なのか現実なのか曖昧になっていく怖さがありました。明確に言えない現象が起きれば起きるほど、自分は何処に立っているのかが分からなくなります。どんどん曖昧になっていき、その感覚のまま物語が終わる感じでした。夢か現かの境界のないままのラストが全体を不思議な雰囲気のままにするのが良かったと思います。夢の中を彷徨うのではないかという思いにさせられますが、それがこの本の魔力なのでしょう。 …続きを読む
    優希
    2015年09月14日
    104人がナイス!しています
  • 文庫化を待っていた本!以外にスラスラ読めた。途中まで読んでて、恩田さんの持つホワフワとした掴み所の無いような感じが、まぁ結末どうなってもいいや!この雰囲気味わおう!って気にさせてくれたので、特に飽きも 文庫化を待っていた本!以外にスラスラ読めた。途中まで読んでて、恩田さんの持つホワフワとした掴み所の無いような感じが、まぁ結末どうなってもいいや!この雰囲気味わおう!って気にさせてくれたので、特に飽きもせずゆっくり読了! …続きを読む
    りょうこ
    2014年03月21日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

恩田 陸

1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞受賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞受賞。07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞受賞。17年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞受賞。主な著作に『ネバーランド』『黒と茶の幻想』『上と外』『ドミノ』『チョコレートコスモス』『私の家では何も起こらない』『夢違』『雪月花黙示録』など。

この著者の商品

最近チェックした商品