拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

  • 著者 郷内 心瞳
発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

安息は破られた。一本の電話がもたらした、思いがけない邂逅で。

昔、ある人が言った。呪いや祟りに期限など存在しないと。またある時、別の人がこう言った。人は自らの意思で、願いで、欲望で、神を造りあげることができるのだと――。10月半ば、拝み屋を営む著者の許に、電話で一件の相談依頼が舞い込んだ。依頼主は高鳥謙二。謙二は11年前、大きな災いにまつわる相談をしてきた女性で今は亡き、高鳥千草の元夫だった――。全てが終わったはずの忌まわしき災禍が、再び息を吹き返す……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怖さを取り戻した「拝み屋怪談」シリーズ。「花嫁の家」に収録の「母様の家」の続編。まずは前編という事で何本かの話が並行し展開。しかし、この作品は本当に実話なのだろうか。死が描かれる場面が多いので心配にな 怖さを取り戻した「拝み屋怪談」シリーズ。「花嫁の家」に収録の「母様の家」の続編。まずは前編という事で何本かの話が並行し展開。しかし、この作品は本当に実話なのだろうか。死が描かれる場面が多いので心配になる。よからぬモノを崇めて亡くなる女性。とある家系図での若年層の死の多さ。実話だとしたら恐ろしい。また、スウェットを着て立っている女性も気味が悪い。果たして、後編でどのように解決されるのだろうか。「拝み屋怪談」シリーズは一頃はタルパで読者が離れたと思ったが、怖さも戻り再び読書も増えるだろう。安定した怖さがある。 …続きを読む
    yoshida
    2019年08月25日
    111人がナイス!しています
  • 最後まで見届けたい、一冊。やっぱり長編は飽きなくていい。時系列もバラバラ、しかもすぐに話はガラっと変わる。何が何だかわからない。それでも読み進めるうちにバラバラだったものが化学記号のように手を結び始め 最後まで見届けたい、一冊。やっぱり長編は飽きなくていい。時系列もバラバラ、しかもすぐに話はガラっと変わる。何が何だかわからない。それでも読み進めるうちにバラバラだったものが化学記号のように手を結び始める。あの時のあれがまだ…。なんだか千草さんの印象が変わったな。そして次第に姿を現わすあの時のあの災禍。自分史上最高の恐怖を味わったあの災禍。この先どんな化学反応が起きどんな恐怖が訪れるのか、ここまできたら恐怖よりも最後まで見届けたい、その気持ちでいっぱい。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年08月05日
    101人がナイス!しています
  • 過去の因縁が郷内を襲う。かつての登場人物たちが、また郷内の前に現れる。一見ばらばらで細切れのシーンがやがて絡み合って、一つの大きな流れになっていく。よくあるスタイルだが、根に怪異と悪意があると、大きな 過去の因縁が郷内を襲う。かつての登場人物たちが、また郷内の前に現れる。一見ばらばらで細切れのシーンがやがて絡み合って、一つの大きな流れになっていく。よくあるスタイルだが、根に怪異と悪意があると、大きな流れは穏やかどころかどんどん激流になっていくので油断がならない。というか嫌な予感しかしない。佐知子さんが気の毒で気の毒でしょうがなかったのだが、それ以上に不思議だったのが、世の中にこんなにも拝み屋というか霊能者という方々が看板を掲げて商売しているものなのでしょうか。私の知ってる地元と結構違うのでびっくりです。 …続きを読む
    ハイランド
    2019年09月15日
    65人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品