拝み屋怪談 来たるべき災禍

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041056059

拝み屋怪談 来たるべき災禍

  • 著者 郷内 心瞳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041056059

少女は天使か怪物か――!? 現役の拝み屋が語る、恐怖の実体験。

虚実の境が見えなくなってしまった時、人にとってあらゆるものが、怪異となり得る危険を孕んでしまう――。現役拝み屋が体験した現世のこととも悪夢とも知れない恐るべき怪異。すべてのはじまりは20年以上前、ある日曜日の昼下がりに出会った一人の少女だった。その少女、14歳の桐島加奈江は果たして天使か怪物か、それとも……!? 訪れた災禍を前に恐れおののく一方で、必死に解決を図ろうとする拝み屋の衝撃実話怪談!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋怪談 来たるべき災禍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「拝み屋怪談」シリーズに登場してきた謎の存在「桐島加奈江」。本作で一応の決着。とは言え、過去のシリーズを読んでいた読者には既読のエピソードを再読させられるために、なかなか読む側も苦行である。最後も正直 「拝み屋怪談」シリーズに登場してきた謎の存在「桐島加奈江」。本作で一応の決着。とは言え、過去のシリーズを読んでいた読者には既読のエピソードを再読させられるために、なかなか読む側も苦行である。最後も正直に書くと今一つであった。積み重なる仏壇のエピソードも現実味がないのだ。今までの「拝み屋怪談」シリーズが怖くて面白かっただけに、私も期待が高く残念に感じた。作者が何を書きたかったのか、担当の編集者も何を書かせようとしたのかよく分からず。怪談を読みつつ昼寝する経験をした。「拝み屋怪談」シリーズは卒業しようと思う。 …続きを読む
    yoshida
    2017年08月27日
    160人がナイス!しています
  • 拝み屋であっても本人にまつわる話は、客観的に見られないものなのだろうか。表現が過剰に過ぎて、読んでいて疲れる。これに対し第三者にまつわる怪異は実に面白い。最後の森の中の空き地に打ち捨てられた仏壇の話も 拝み屋であっても本人にまつわる話は、客観的に見られないものなのだろうか。表現が過剰に過ぎて、読んでいて疲れる。これに対し第三者にまつわる怪異は実に面白い。最後の森の中の空き地に打ち捨てられた仏壇の話も、はじめは実に怖かったのだが、本人が出てきた途端に妖怪大戦争になってしまう。実話系怪談でも、伝聞という形の方が怖いものね。神の名を借りて近づく者こそ、たちが悪い。うん、これは間違いない。さて、宿敵との決着がついたところで、作者の話は何処に行くのであろうか。できれば、ほのぼの怖い憑き物落しの話になってほしい。 …続きを読む
    ハイランド
    2018年02月03日
    85人がナイス!しています
  • 《購入》桐島加奈江まるごと一冊。郷内さん好きだけど、今回ははっきり言って長い。実話なんだろうけど、創作怪談を読んでる感が拭えず、最後の終わりもなんだかな~。期待していただけにガッカリ感満載の一冊になっ 《購入》桐島加奈江まるごと一冊。郷内さん好きだけど、今回ははっきり言って長い。実話なんだろうけど、創作怪談を読んでる感が拭えず、最後の終わりもなんだかな~。期待していただけにガッカリ感満載の一冊になってしまい残念。 …続きを読む
    ゆみきーにゃ
    2017年06月27日
    84人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品